プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
うちなータイム 竹富島 その5
朝の撮影を終え急いでお家に帰り、朝ごはんもままならず準備をして
慌てて石垣港まで向かいます。
時刻表を見ると8時30分発、、、竹富島待ち合わせ8:30分、、、
竹富島まで約10分で着くので従弟に「もう10分遅れる」と、メールを入れます。

出発10分前、「竹富に行くにはでかい船やなー」と、思いながら人の列に並びます。
そして乗船案内が始まりチケットを渡すと、「この船は西表島行きです」とのこと、、、(汗)
「竹富島行きはあちらになります」と反対の桟橋とのこと、オマケにえらい並んでいます。
「武富に行くにはデカイと思った、、、」と、独り事言いながら
コソコソと最後尾に並びます。
そして西表島行きの半分くらいの船が到着、乗船し時刻表通りに出発。

程なくして綺麗な竹富港に到着、そして仕事を終えた従弟と合流します。

正直、竹富島は何度か訪れているので、おおよその地図は頭に残っています。
従弟と雑談しながら最初の案内地、定番の撮影ポイントに向かいます。

定番撮影ポイントには、登録有形文化財になっている”なごみの塔”wikipediaより
があるのですが、残念ながら老朽化のため登降が禁止とのこと、、、
一昨日の”川平湾”の定番撮影ポイントの工事といい、残念ですが
このピーカンの天気は以前竹富島を訪れたときより最高なので許しましょう!

古き良き沖縄が残る竹富島。

竹富島、1

赤瓦の上にはユーモラスなシーサーが睨みを利かします(笑)

竹富島、2

竹富島、3

竹富島、4

竹富島、7

キョロキョロしながら撮影してると、出発直前の水牛車に遭遇、
水牛にカメラを向けると「可愛く撮ってね!」と言わんばかりのカメラ目線!

水牛ちゃんちゃんと可愛く撮りましたで~(笑)

竹富島、5

おばぁは買い物でしょうか?

竹富島、6

彼はこのまま微動だにしません!何かすねとるんやろか?(苦笑)

竹富島、8

何にも考えず撮った西桟橋、今考えたら何で広角で撮らんかったんやろか、、、

竹富島、9

西桟橋より少し歩くと”コンドイビーチ”に出ます。

これが又貸しきり状態でございます。

竹富島、10

竹富島、11

毎度大阪のピチピチビーチと比べてしまいます、、、(汗)

竹富島、12

そして石灰岩の石壁の上には綺麗なブーゲンビリアが咲いています。

竹富島、13

竹富島、14

しばらく待っていると三線の音色とともに水牛車が歩いてきました。

竹富島、15

別の通りでは先程のカメラ目線!?の水牛がやってきました。

竹富島、16

「でーじ、にーぶい!(とても眠い、、、)」(苦笑)

竹富島、17

そして竹富島にはまだまだ二月なのにたくさんの蝶が舞っていました。

スジグロカバマダラ

竹富島、20

リュウキュウアサギマダラ

竹富島、21

そして大きいなオオゴマダラ

竹富島、22

大きいなあと思っていたらなんと日本最大級の蝶とのこと。

竹富島、23

優雅に舞う姿は本当に綺麗でした。

竹富島、24

この日の昼から雨が降るとのことで現地で八重山そばを食べ
観光客の増える昼過ぎには退散しました。

竹富島、25

追記、
ブーゲンビリアは花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)であり
本当の花は包葉の中に小さく白い花が三つ咲きます。

竹富島、26

帰阪を翌日に向かえこの晩も夜通し宴会(苦笑)
翌日は朝から雨模様で写真を殆ど撮らず、
従妹が働くお土産屋さんでお礼を言って別れを告げ、
空港近い叔母の家で待機し、空港まで送ってもらって


夜には全て現実に戻るのでした。






スポンサーサイト