プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨、雨 その2
翌日、かなり遅めのスタート。
ホテルの窓から空を見ると低い雨雲と山肌に霧が立ち込めていましたが
空はかなり明るい感じ。

「こりゃ絶対朝焼けしてたで!」とぼやくke-nさん(笑)

まあ、たまにはゆっくり行動しましょうや!(苦笑)

ホテルで美味しい朝食を食べて再び和佐又ヒュッテに向かいます。

そして前から気になっていた”巨木ふれあいコース”に。
「ここから自由行動!」と、無責任なことを言って先々に向かう人約一名!

ポツンと取り残されたワタクシ、被写体を探しながらぽつぽつ歩きます。

巨木ふれあいコースは歩く人がそんなにいないのか所々歩きにくいですが
ke-nさんが言っていた「迷いだけは気い付けよ!」と言ってましたが
まあ、よほどなことがない限り「迷い」はないと思います。

森に入った直後は霧も所々にあり幻想的な雰囲気でした。

和佐又、1

和佐又、2

霧中のミズナラ。

和佐又、3

土に返る倒木。

和佐又、4

大岩の上に根を下ろした樹々たち。

和佐又、5

苔むした岩群。

和佐又、6

何故、こんな形で育ったのであろうか?

和佐又、7

大きなカツラの木。

和佐又、8

ブナの幹とオオイタヤメイゲツ。

深い森は色々な樹木が共存しています。

和佐又、9

「どんな斜面でも、どんなに体が割れても私は頑張る!」と、
聴こえてきました。

和佐又、10

絶対に食べたらあの世行き!をかもし出している名前不明のキノコ。

和佐又、11

和佐又、12

そして一番巨大だった巨木ふれあいコースの”主”ミズナラの木。

和佐又、13

大きなコブが特徴です。
ここで何百年とこの森を見守ってきたのですね。

和佐又、14

色々角度を変えてこの木のスケールの大きさを撮りたかったのですが
APS-Cの我愛機7Dではもどかしさを感じる場面です。
本当そろそろ35mmフルサイズが欲しいのです、、、(汗)
が、今年は出費が多くヘソクリ貯金が貯まりません、、、(涙)

そして最後に目に入った純白で綺麗なキノコ。
もちろん名前は知りませんでしたが、
偶然にも翌日のニュースでこのキノコが紹介されていて名前が判明。
その名前は姿からは想像もできない名、”ドクツルタケ”とのこと。

欧米では「破壊の天使」 という異名をもち、猛毒キノコ御三家の一つとのこと、、、
日本で見られる中では最も危険な部類の毒キノコらしい、、、wikipediaより。

和佐又、15

まあ、素人が簡単にその辺のキノコを食うな!とのことですね!(汗)


撮影後、初めてホテル杉の湯に入って、
焼肉馬酔木で昼食を摂り
橿原のドラムヤカタで開催されていた写真展を見せてもらって
家路に着きました。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。