プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の縛りから解き離れ、八経、弥山 その2
山小屋の夜は殆ど眠れず、、、
しかし、ke-nさん曰く「イビキがやかましいわ!」(苦笑)
と、言われる始末、、、わたしゃ殆ど寝てないんですが、、、(苦笑)

てな訳で、起きる際には空の確認を、と、ke-nさんに言われ、
毎度窓を開け空を見ても深い霧の中、、、定刻の午前3時を向かえ
空を見るも「アキマセン、、、濃霧ですわ、、、、」と、
諦め半ばke-nさんが30分後、「満天の星やんけ!」と、ご立腹!(汗)
アタイのときは霧だったんですけど、、、といっても、毎度アタイが悪いんです、、、
(この後ke-nさんが、COOPERさんに確認したところ「午前3時は濃霧だった」とのこと、、、)
子分の僕は全く信用されていないですね、、、(涙)

と、言うわけで大慌てでサイレントで機材を準備し
満天の星空を仰ぎました。

冬の星座の代名詞、オリオン座と
初めて写りました!オリオン座を覆うように広がるバーナードループが
かすかに赤く写っているのが確認できました。

八経、弥山 二日目、1

ぎょしゃ座の左にアルデバランと、ヒヤデス星団、
それに中央には”さらば!すばるよ!”で有名なプレアデス星団。

八経、弥山 二日目、2

うっすら右側中央に写る天の川の中にカシオペア座、
その上にはペルセウス座の二重星団、そして左中央下には
遥か210万年かけて地球に届いた!アンドロメダ銀河が写っています。


八経、弥山 二日目、3

今回、より良く星を撮りたかったので
感度ISO2000まで上げたのが失敗、、、
予想以上にノイズがひどくて見にくくなりました(汗)

八経、弥山 二日目、4

後、この日は特に流れ星が多く、肉眼でも複数確認出来、
写真内でもあちらこちらに流れ星が写っていました。

八経、弥山 二日目、5

八経、弥山 二日目、6

明けの明星と流れ星。
流れ星の殆どの大きさは数mmほどの大きさの”塵”って知ってましたか?

八経、弥山 二日目、7

夜明け前の北斗七星。

八経、弥山 二日目、8

八経ヶ岳にも夜明けが訪れようとしています。
いよいよ八経ヶ岳に向かいます。

八経、弥山 二日目、9

早く行かないと朝焼けに間に合わへん、、、

八経、弥山 二日目、10

明けの明星、金星と木々の間に光る木星と
シルエットに写る八経の木々たち。

八経、弥山 二日目、11

急いで登った初の八経ヶ岳!夜明けがもう間近。

八経、弥山 二日目、12

大峰の方々の深い谷にも明かりが差そうとしています。

八経、弥山 二日目、13

右上より釈迦ヶ岳、左中央右に仏生ヶ嶽、その奥に
孔雀岳がありますが、隠れて見えません。

八経、弥山 二日目、14

思ったより雲は焼けなかったかな、、、

八経、弥山 二日目、15

池原ダム方面は雲海の中。

八経、弥山 二日目、16

八経の裾野にも朝日が当たります。

八経、弥山 二日目、17

大峰奥駈道の稜線。

八経、弥山 二日目、18

あまりにもの美しさに感動しながら撮影していたので
山頂の看板は完全に日が昇ってからパシャリ。

八経、弥山 二日目、19

ガスに包まれつつあるお隣の明星ヶ岳。

八経、弥山 二日目、20

左に弥山小屋、右に大普賢、

八経、弥山 二日目、21

大普賢岳。

八経、弥山 二日目、22

釈迦ヶ岳方面を振り返るとすでにガスに覆われようとしています。

八経、弥山 二日目、23

感動の余韻の後、弥山小屋に戻り
帰り支度をして、小屋のテーブルで皆さんで朝ごはんを食べ、
COOPERさんは先に下山出発して、我々ドンガメペ部隊はのんびり下山します。

苔の水滴のキラキラを撮影。

八経、弥山 二日目、24

八経、弥山 二日目、25

よく見ると、苔の間に小さなクローバーが生えています。

八経、弥山 二日目、26

昨日がんばって歩いた所、紅葉がきれいです。

日が高くなるにつれ、ガスに覆われる頻度が高くなってきたので
下山を開始します。

八経、弥山 二日目、27

一瞬にして濃いガスに覆われます。

八経、弥山 二日目、28

八経、弥山 二日目、29

八経、弥山 二日目、30

晴れ間を狙って紅葉の撮影。

八経、弥山 二日目、31

八経、弥山 二日目、32

八経、弥山 二日目、33

八経、弥山 二日目、34

青空の下での紅葉は非常に鮮やかで綺麗です。

八経、弥山 二日目、35

八経、弥山 二日目、36

八経、弥山 二日目、37

八経、弥山 二日目、38

八経、弥山 二日目、39

この撮影後、かなり急な登山道を降りて
足の親指の付け根が擦れて痛いのなんのって、、、

八経、弥山 二日目、41

行者還トンネルの東口に出てきました。
そこから車を駐車した90番まで1,2km歩きます。
「後、300m、、200m!100m」と、カウントダウンしながら
ke-nさんの車に帰ってきました。

この後、駐車場が満タンの上北山温泉近辺でお昼ごはんを食べて温泉に入り、

最後の目的地、美しい夕焼けスポットに向かいます。

つづく




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。