プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
西国三十三所巡礼 第一番札所、那智山青岸渡寺をめざして その1
先月、一度は訪れたかった熊野那智大社、青岸渡寺に
御朱印をいただきにい行ってまいりました。
今年7月より西国三十三所巡礼を始めてますが
まだ半分以上残っております、、、(苦笑)

いつもke-nさんと出かけると「雨雲製造機!」と、
揶揄されるほど(笑)雨、またはドン曇りになるんですが、、、(苦笑)
普段は”天晴れ!”が非常に多いんですよ~(爆)

友達の家より熊野那智大社、青岸渡寺まで208km!!
高速なら遠いなあ、、、ですが、延々下道を走るので
半端ない遠さです、、、(汗)

葛城山

天晴れの葛城山、雨など皆無です!(爆)

大阪から新宮(那智大社)に抜けるには五條から国道168号線をひたすら南下します。
毎度言っていますが、この168号線は我が交野市にも通っておりますが
五條から先の168号線は山あり谷あり、細いところあり、崖崩れで有名、、、と
全く形相が違います。
今回は友達に甘えて運転は一切しておらず、助手席で景色を眺めていました。

まず、168号線で有名スポットと言えば、谷瀬の吊橋ですね。
昔々、渡ったことがあるんですが、、、

谷瀬のつり橋、1

十津川(熊野川)に架かり十津川村上野地(うえのじ)と対岸の谷瀬(たにせ)を結ぶ。
高さ54m、長さ297m。1954年(昭和29年)に架橋された。wikipediaより

吊橋を渡っている途中の写真も撮りたかったのですが
あまりに揺れて怖くてしり込みしながら渡ったので一枚も撮影できていません、、、(汗)

谷瀬のつり橋、2

昔訪れたときは郵便屋さんのバイクが渡っていました。
今でも地元の人のみバイクはOK!とのこと(係員さんに確認)
しかしあれだけ揺れるのにバイクは平気で渡っていました。

でも、自転車でも渡ることはないでしょう、、、(汗)

途中、国道沿いの滝にて初めて見たニホンカモシカに遭遇してのですが
とんでもない崖を「ヒョイ!ヒョイ!」のと駆け巡り森に消えていきました(驚)

次に熊野本宮大社も訪れたかったのですが、なにせ人と車が多すぎて
どこも駐車場が満車!あきらめて通過せざるを得ませんでした、、、
また機会があれば、、、と思うのですが如何せん遠すぎます、、、

てな、訳で!家を出てから5時間強で熊野那智大社に到着です(苦笑)

熊野那智大社、3

熊野那智大社拝殿、奥に青岸渡寺が見えます。

熊野那智大社、4

この辺りは平安衣装のコスプレがはやっているのかな?

熊野那智大社、5

熊野那智大社の殆どは重要文化財です。

青岸渡寺、1

熊野那智大社の横は青岸渡寺となります。
西国三十三所巡礼 第一番札所、那智山青岸渡寺本堂、(重文)

青岸渡寺、2

青岸渡寺、3

御朱印をいただくとき流れ作業的にかかれることもありましたが
青岸渡寺では丁寧に書いて頂いた上「どこから来られましたか?」と
あれこれお話もして頂けたので非常によかったです。

青岸渡寺、4

青岸渡寺、5

青岸渡寺、6

お!ここは定番の写真スポットですな!(笑)

那智の滝

那智の滝、落ち口の幅13メートル、滝壺までの落差は133メートル。

那智の滝は飛瀧神社(ひろうじんじゃ)熊野那智大社の別宮であり、
那智滝自体が御神体であり、本殿は存在しない。wikipediaより。

この後、宿泊先の白浜を目指すのですが、那智大社から102km、、、
これが恐ろしく遠いです。それも国道42号線下道一本、、、
あたしゃ!毎日朝が早いのでさっさと寝たいのですが、、、
「潮岬に行ったことがない、、、」と、友達の言葉でついでに潮岬を目指します。

日の入りが近づいてきてすごく夕焼けが綺麗になりつつあります。
しかし潮岬まで西側方面は山ばかりなので撮影ポイントが見つかりません、、、

もうすぐ有名な橋杭岩がある!とのことでここで夕焼けチャンス!と思ったら、、、

橋杭岩、1

これが東方向なんで夕焼け全く撮れないんですが、、、(涙)

橋杭岩、2

どうせ撮るならワイドで!と思ったのですが、所詮旧7D、APS-Cの17mmこれが限界です(涙)
橋杭岩の全貌が分かりません。
思い切ってそろそろ5DMarkⅢですか!?(笑)

橋杭岩では綺麗な夕焼け少しづつ終わりを迎えます。
「残るは潮岬で!」と思って急いで向かいましたが、

潮岬、3

時すでに遅しです、、、(涙)


      つづく


スポンサーサイト