プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の旅の締めは、、、
わち山野草の森で花と鉄道の撮影(笑)を終え気付けば昼下がり、
お腹もペコペコ。とりあえず次の目的地、舞鶴市の由良川橋梁に向けて
ひたすら国道27号線を北上します。

綾部市に入ったら食べ物屋があるやろうと、寄ったラーメン屋さん。
なかなか美味しかったけど、ke-nさんの注文した坦坦麺のほうが美味しそうやった、、、(涙)

そんなこんなでたどり着いたのが舞鶴市西神埼地区。
近くに神崎海水浴場がありもちろんこの季節は閑散としていますが
多分海水浴シーズンになると、海水浴客でごった返すんだろうなあ、、、

夕焼け染まる北近畿タンゴ鉄道宮津線由良川橋梁を撮影予定ですが
毎度毎度!天候に恵まれない二人ですが果たして夕焼けになるんでしょうか?

由良川橋梁にて、1

北近畿タンゴ鉄道、第三セクター鉄道の中で一番赤字額が大きく
常に廃止と隣り合わせの状態です。
そんな状況を打破すべく如く投入したのが
観光列車「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」です。

偶然にも到着直後に由良川橋梁を通過した丹後あかまつ号。

さあ、次の列車の通過時間は?い、一時間後、、、(汗)
上下線10分の間に二本通過します。
それまで西神埼地区を散策します。

湊十二社、1

湊十二社という立派な社があります。
毎年10月には「湊十二社の祭礼」があり
府無形文化財の「神崎の扇踊」が奉納されるとのこと。

湊十二社、2

湊十二社、3

よく見たらke-nさんと全く同じ、、、(苦笑)

湊十二社、4

その周辺には夏みかんらしき、みかんの実が大量に実った樹がたくさんあり
誰も摂ることがないままの状態でありました。

落ちていた実を一つ拝借し食べてみるとこれがまた美味しいのなんのって。

湊十二社、5

湊十二社、6

梅花もちょうど見ごろを迎えたところかな?

列車通過時間が近づいてきました。

由良川橋梁にて、2

まず豊岡行きは逆から撮ってみよう。

由良川橋梁にて、3

そして西舞鶴行き。

由良川橋梁にて、4

空が焼けないのでこんなアングルで。

この後、ラッシュ時なのか?20分後にやってくるので再びアングルを考えます。

しかし肝心な夕焼けは無常にも染まる気配はなし、、、(涙)

豊岡行きは反対側のほうがいいかも。

由良川橋梁にて、5

こんなノスタルジックな風景には蒸気機関車が非常にお似合いだと思うのですが
やはり第三セクターなっては無理難題なんですかね、、、

由良川橋梁にて、6

結局焼けなかった空、でも雪残る山をバックにいい感じになりました。

その後、丹後神崎駅に立ち寄ります。

由良川橋梁にて、7

その駅の駐輪場には自転車1台だけ停まっていたという
とても寂しい駅でした。
僕たちが知る夕方のすさまじい人の往路は全くの皆無、
千と千尋の神隠しの『沼の底』駅のような物悲しい雰囲気です。

由良川橋梁にて、8

もちろん列車を待つ人は誰一人いません。
時刻表を見ると後数分で列車がやってくるようです。

列車到着まであれやこれやとアングルを考えていると到着時間となりました、、、が!
?来ない??あれ?時間間違っている??
さらに待つこと10分「こりゃ絶対おかしい!」と、ke-nさんと話していると
待合室からアナウンスが流れてきました。
「ただ今、列車が十数分遅れで運行しています」とのこと、、、
「、、、ほな帰ろか、、、」最後の最後でこんな落ちですか、、、(トホホ、、、)

この後、舞鶴市のたかお温泉・光の湯に入って帰りました。



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。