プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
大普賢岳登頂 その1
「いつになったらブログ更新すんねん!」
昨日10月24日の明神平に向かう車の中の会話です!
もちろん問いかけはke-nさん。
それに対し「いやあ、マジ時間がないんですよ!」と
答えを返すも「さっさと更新しなさい!」と更に追い討ち!(汗)
「分かりました!何とか明日、明後日までには更新します、、、」と
返事をしてしまった為、何とかパソコンの前に向かって
キーボードを打っています!(苦笑)
しかしここ最近パソコンを動かしていないのも事実です、、、
更にブログのデータ消去と散々な目が続きました、、、(涙)

ちなみに先日ke-nさんと行った
"明神平~桧塚奥峰~ヒキウス平"コースの記事はそのうちアップしますね!

いつもの鶴見区の駐車場を午前3時半に出発、
途中マクド、スーパーオークワを立ち寄り
僕の好きな"伯母谷ループ橋"を通り、
この橋、いつも撮影したいと思うのですが
ここを通るときはまだ薄暗いので写真が撮れません、、、

そして出発してから約3時間強、登山口の和佐又ヒュッテに到着。
ここでCOOPERさんがテント泊しているということで、
COOPERさんを探し、2月以来の再会を果たします。
COOPERさんはススキをバックに朝焼けを撮っていたのですが
この日の朝焼けは残念な結果でした、、、

大普賢登山、1

COOPERさんと一先ずお別れをしてドン亀部隊が先行出発します。

大普賢登山、2

笙の窟(しょうのいわや)辺りまでが比較的歩きやすい行程が続きます。

出発してから約1時間、右手に大きな崖が聳え立ち
その下には昔修験道の行場として使われた窟(いわや)が残っています。

大普賢登山、3

シタンの窟

大普賢登山、4

朝日窟

大普賢登山、6

窟の上は約100mの高さの崖が続きます。

大普賢登山、5

笙の窟(しょうのいわや)

昔の偉い方々はここで修行をし、悟りを開いたのでしょうね。
雑念と根性のないワタクシには全く無理な事です!(苦笑)

大普賢登山、13

そして鷲ノ窟に到着。

大普賢登山、7

鷲ノ窟の由来となったであろう鷲の頭のような
大岩があるのですがke-nさんは「全く鷲には見えん!」と連呼!
僕がカメラを撮ってke-nさんに「これがくちばしでしょう!これが目でしょう。」と
説明するのですが全く理解してくれません(苦笑)
ke-nさんには"シャアザク"にしか見えていない様子でした(笑)

いよいよこの先から大普賢の山登りの厳しさが現れてきます。
少し高さのある崖を登ると

大普賢登山、8

日本岳のコルに出てきました。
わざわざ下にマジックでコルと書いてます。
「ピークとピークの間の、いちばん低くなっているところ」との事です。

大普賢登山、9

日本岳のコルより"弥山,八経ヶ岳"

そしてここより今まで歩きやすかった山道から一変、
梯子が多くなり大普賢岳までの厳しい行程が続きます。

大普賢登山、11

まだ咲かぬリンドウを横目に梯子を登ります。

大普賢登山、12

なんか梯子が延々続く感じ、、、(汗)

ke-nさん!やっとその1をアップできました!(笑)

                  つづく

スポンサーサイト

コメント

express55さん、こんにちは。

始まりましたね、大普賢岳レポw
当日はどうもお疲れさまでした。

窟群のイカツイ岩壁がうまく表現されていますね。
ここから山頂まで、結構面倒くさい足場が続いてしんどかったですね。(特に下り)

鷲の顔、なんとなくわかるような分からないような(>_<)
[2012/10/28 11:40] URL | COOPER #- [ 編集 ]

一気 一気 一気(笑) 
ハシゴの脇のリンドウも安らぎにはなりませんね。
しかし ハシゴは高度を稼ぐことが出来ます。
岩窟があり 仏があり 見晴らしも有り
歩くには 飽きないコースですね。

来年こそ 春に挑戦する予定です。
[2012/10/28 11:56] URL | 団子 #- [ 編集 ]

おつかれさま
express55さん、こんにちは。

待ちくたびれて疲れてしまいましたわい(笑。

最初の写真、55さんらしい空の表情を優先させたアンダーで
なかなか良い感じですね。

階段登るときのショルダーバッグは、前でブラブラして邪魔でした(涙。

鷲の窟はやはり巨人の顔にしか見えませぬ。

来年の秋には周回コースを廻りましょうね。
[2012/10/28 11:58] URL | ke-n #- [ 編集 ]

ようやく時間を作りました
COOPERさん、こんばんわ

なんとかその1にたどり着きましたが
問題はその2が何時アップ出来るかなんですが、、、(苦笑)

>イカツイ岩壁がうまく表現されていますね。
ここから山頂まで、結構面倒くさい足場が続いてしんどかったですね。(特に下り)
ありがとうございます!(笑)
どのように表現しようか色々悩んだ挙句の結果です!
しかし大普賢山頂アタックは本当にしんどかったですね。
下りはしんどいというよりも登りよりも恐怖で足が竦む場所が
何箇所かありました!(汗)

鷲の顔分かりませんか?やはり"シャアザク"にしか見えないですか?(爆)

[2012/10/28 18:45] URL | express55 #- [ 編集 ]


 こんばんは。

 レポートお疲れ様です。忙しい上にブログのアップを急かされて
大変ですねw

 ke-nさんのブログにもコメントしたのですが、あの岩、僕も
巨人にしか見えませんw こういう岩が道の険しさを現してる
ようですね。
[2012/10/28 18:53] URL | Ace #- [ 編集 ]

登りはいいのですが、、、
団子さん、こんばんわ

梯子は確かに登りを稼げるのですが、
その分下りが2乗の恐怖が襲ってくるので厄介ですね、、、(苦笑)
しかしその分嵓級の断崖が素敵でしたけど!(笑)

大普賢は是非登ってみる価値ありですよ。
僕は道のりが恐怖だったので山頂での達成感は
少なかったですが次回は達成感に浸りたいと思います!(笑)
[2012/10/28 19:09] URL | express55 #- [ 編集 ]

ke-nさんには退屈な内容でしたね
ke-nさん、こんばんわ

先ほどのTV番組、奇跡の地球物語はke-nさんには当たり前の内容でしたね!(笑)

ようやくブログ更新できましたが、昼から用事があったため
その2は全く手をつけていません(苦笑)

最初の写真はどうしても波打ってる雲を強調したかったので
このような写真となりましたよ!
しかしこのとき朝焼けすると思ったのですが、残念でしたね(笑)

ショルダーバックはke-nさん、時々ぼやいてましたね!
もしよかったら僕も欲しいと思っていたのですが見送り状態です(苦笑)

不思議と魅力のある大普賢、来年もよろしくお願いしますね!

[2012/10/28 19:22] URL | express55 #- [ 編集 ]

ご心配ありがとうございます
Aceさん、こんばんわ

以前と比べてパソコンに向かう時間が約1/4に落ちてますので
どうしてもブログ更新まで手が回りません、、、(汗)
でも何とかその2は近々アップしたいものです。

岩の形、鷲に見えないですか?
皆さん巨人に見えるなんて、僕ってひょっとして
洗脳されやすいのですかね、、、(苦笑)
[2012/10/28 19:28] URL | express55 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://express55.blog65.fc2.com/tb.php/392-900c4048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)