プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
前鬼川 沢登り その3 三重(みかさね)の滝
前鬼川、1

いよいよ前鬼川も佳境に入り、綺麗な沢から
大岩がゴロゴロしている右斜面を登ります。
大岩を十数個登った目の前に三重の滝(みかさねの滝)の
不動滝が見えてきました。
最後の大岩を苦労して登ってようやく滝全容見みえました。
ke-nさんは早速滝つぼの方から写真を撮ろうと準備をします。
僕も三脚の準備をしていると、
「ブーン!」、図太い羽音が僕の横をかすめていきました。
はっと、羽音の主を見るとな、なんと!大きなスズメバチが
ke-nさんの周りを飛んでるではないですか!
「ke-nさん、スズメバチや!」
スズメバチは1匹、また1匹と飛んできて僕たちの
周りを飛び始めます。
「撤収!撤収!!」叫ぶke-nさん!僕も出してた三脚やカメラを
慌ててリュックに直し、岩を降ります。
更に1匹増えて3匹に!さっきまで滝つぼにいたke-nさんは
プチ難関大岩をあっさり降りて安全地帯に!
僕は「これ、どないして降りたんですか?」と聞くと
「体に恐怖を感じたらそんなんあっさり降りられんねん!」との事。
そんなもんなのでしょうか?(汗)

偵察蜂だったのか、スズメバチ3匹はしばらく偵察した後、
滝つぼ近くの岩の中に姿を消していきました。
とにもかくにもこんな崖の上でスズメバチに襲われたら
蜂に刺されるわ、崖から転げ落ちるわと、
多分今現在パソコンの前に向かってないハズです、、、

仕方なく一段下の岩の上から撮影開始。

三重の滝、1

目の前のプチ難関がの岩が邪魔をして滝全体が撮れません。

三重の滝、2

いつ何時スズメバチの襲来があるか分からないので
仕方なく手持ちで撮影。

三重の滝、4

高さは約50m、さらに三十の滝の名前の如くこの上には
千手滝、馬頭滝と50m級の滝が二つあるとの事。
しかしその滝を見るには超危険コースが待ち受けているらしく
今の僕には到底無理でしょうね(汗)

三重の滝、3

仕方なく下の大岩から撮影をするke-nさん。

三重の滝の撮影を終え、前鬼川に戻り上流を目指します。
が、ここでまた問題発生。
沢の左の崖沿いは急な崖が続きます。
しかし一見右側が安全ルートに見えたので
とりあえず右から行くのですが、
もちろん先は越えられない大岩が行く手を遮ります。
仕方なく左ルートに戻るのですが
崖を数m登ると、なんとその先は一本のトラロープが
ブラーンと這わしてるだけの崖、、、
「なんじゃ!こりゃ!!」と叫んでも先に進むしかありません。
先に渡ったke-nさんが、人が恐怖におののいている姿を
大笑いしながら撮っています!(汗)
次回はke-nさんが恐怖におののいている
姿を写真に収めようと思います!全く!(涙)

難関をクリアしたらそこはまた自然の造形美の所に!

前鬼川、4

そこはまさに岩の割れ目から大量の水が湧き出て
一つ一つが小さな滝になってこの岩石で出来た大きな溝に
流れ込んでいました。

前鬼川、5

ここを撮影してたらまたもや人と遭遇、
今度はカップルらしくあちこちでポーズをとっては
写真を撮る二人、お互い目が合い軽く会釈。
ke-nさんも撮影に納得したのか上流へ向かいます。

僕も撮ろうとするとすでにカップルは大溝の中で
サルの如く沢内の岩の上そして絶壁をよじ登っています。
ため息を付き撮影をあきらめ溝へ流れ込む水をかき分け
さらに上流へと目指します。
しかしそこは本当にすごい所で周り中の岩のいたるところの割れ目から
大量な水が湧き出ています。
後からですがke-nさんが
「なんであの水が湧き出てる場所では一枚も写真を写真を撮らんかったんやろう」
たしかにあの場所では一枚も写真を撮っていません、、、

ここでルートを確かめ上流を目指しますが、目の前には
とんでもない大きな岩がゴロゴロし始めました。

前鬼川、6

またこの岩を一つ越え、更に岩の下から岩を乗り越え
何度か繰り返し完全に岩と岩に囲まれ約2m上に小さな穴が開いています。
とりあえずke-nさんがリュックを背負いながら
岩に足掛け隙間をくぐろうとするのですが、リュックが引っかかりくぐれません。
「こりゃリュックを下ろしてくぐるしかないな」との事で
お互いリュックを下ろしこの難所をくぐります。
まず、岩に足を引っ掛け上に登りますが、
足の引っ掛けが難しく、やっと登りきっても穴が小さくくぐりにくい、、、
やっとの思いで穴をくぐると、ke-nさんが大笑い。
「太いから絶対穴はくぐられへんと思った!」ですって!
ワタクシ確かにデブですが、他のデブより筋肉質で軟体なんですが、、、(ハイ、痩せます、、、)

何とか穴もクリアし後ろを振り返ると、あのカップルの姿はありません。
何度か振り返り見るのですがやはり姿は見えません、、、
「進路間違ったかな、、、」と、ke-nさん!
まさか湧き水の所の周りは崖やったしルート的にも
このコースしか選択肢は無かったはず、、、
と、不安大で先を進んでみたら、
「あってるわ!」の一言に出てきた場所は最終目的地の
大きな滝つぼに小さな滝が流れ込む垢離取場(こりとりば)に出てきました。

前鬼川、7

そこはまるで大きな大浴場のような雰囲気です。
この垢離取場、実は前鬼川一帯は前鬼山と
呼ばれあちこちに修験者の行場が残る聖地となっていて、
修験者が修行に入る前にここで垢を落とすのだそうです。

前鬼川、8

実はke-nさん、ここでキラキラを撮影する予定でしたが
このときすでに遅し、、無常にも垢離取場に日は差していませんでした。
ここで昼食を摂り、これより先に進んでみる?と、ke-nさん、
先進んで帰り道があるんならば進んでみましょうか?と答えましたが
このとき体力はそれなりに消耗してて、結局断念することにします。

ke-nさんの、垢取り!?現場を撮影して帰路に付くのですが
またこの帰路の登山道がメッチャしんどいし、、、
沢靴のままなので変に歩きにくく
当然ながら谷底にいるわけなので垢離取場から延々上り坂!
沢登りでクタクタの体に登山の急な登りが追い討ちをかけます。
へばりかけたその時、行き先案内板が見えてきました。
そこは閼伽坂峠(あかさかとうげ)と書いてあり、
いつもなら写真を撮るのですが今はそんな元気はありません、、、
しかしそこは峠なので後は下るのみ!黙々と下ると
綺麗な建物が見えてきました。"前鬼 宿坊"
ここ大字前鬼は歴史が古く、1300年前から
修験者の宿坊があったそうです。歴史を語ると長くなるので
興味のある方は前鬼・後鬼 wikipediaをご覧ください!
宿坊からアスファルト道を歩き、約30分、
ようやくke-nさんのマイカーが見えてきました!(笑)

              まだまだつづく

次回の更新は日曜日予定です。


スポンサーサイト

コメント

こんばんは(^^)

なんだか写真が偽物のように感じるくらい美しいですね。
蜂に刺されないでよかったです(^_^;)道もかなり険しいようで…おかげでこんな素敵な写真が見れていることに感謝です(^^)
[2012/09/20 21:22] URL | kobito66 #- [ 編集 ]

久しぶりの
珍道中、復活でしたかね(笑。

おはようございます。

垢離取場は光が射すと、キラキラの宝庫になるんですが、
角度とタイミングが悪かったですね。

私、後ろにいた55さんを追い抜き、
一目散に逃げてましたね(爆。
スズメバチは怖すぎます。
[2012/09/21 08:32] URL | ke-n #- [ 編集 ]

ミニチュア模型
kobito66さん、おはようございます。

本当にここは美しい場所でしょう!(笑)
実際にここに立つと自然の造形美に圧倒され
自分の悩みなんかとても小さく感じてストレスが発散されました!(笑)
あんな大岩がゴロゴロしてるなんて日常ではありえないですもんね!

蜂には参りましたよ!師匠が弟子を残して先に逃げていきました!(苦笑)
あの場所でスズメバチに襲われてたら間違いなく雲の上でしたよ!(汗)

>おかげでこんな素敵な写真が見れていることに感謝です(^^)
無事に帰ってきた証拠ですね。ありがとうございます!(笑)
僕の他のブログを見ていただければ分かりますが
普段は地味な写真が多いんですよ!(苦笑)





[2012/09/22 08:38] URL | :express55 #- [ 編集 ]

せっかくのキラキラが、、、
ke-nさん、おはようございます。

いやいや完全に珍道中ですよ!
やっぱりこうでないと面白くないかも!(爆)
キラキラも見事に逃しましたし、、、(汗)

あの蜂の巣は来年もあるんでしょうか?
次は滝の真下から写真を撮りたいですね。
その前に僕らと同じように巣があることを知らずに
滝まで近づいて刺されない事をに祈ります(祈)

[2012/09/22 08:52] URL | :express55 #- [ 編集 ]


他にもブログをやっているのですか???
見てみたいです(>_<)!!
どこに繋げばいいのでしょうか?
[2012/09/22 21:36] URL | kobito66 #- [ 編集 ]

ゴメンナサイ!
kobito66さん、おはようございます。

ゴメンナサイ!(汗)ちょっと言い方間違えました!
他のブログ→過去のブログでした!(笑)
ちなみにワタクシ頭が悪いので
2つのブログを維持管理する根性ないですよ~!(苦笑)
今のブログでもいまだに四苦八苦してまっせ~(笑)
[2012/09/23 08:30] URL | :express55 #- [ 編集 ]


1枚目の青空がちらっと見えるいかにも山らしい写真が好きです。
スズメバチの難を逃れられて良かったですね。
岩のでかさも圧倒されます。
[2012/09/23 11:37] URL | たぁまぁ #.rEgMis2 [ 編集 ]

すごくいい写真でしょう
たぁまぁさん、こんばんわ

一枚目の写真は自分のイメージ通りに撮れたと思います!(笑)
それとあのスズメバチには参りましたよ!(汗)
偵察バチが飛んできただけだったので助かりましたが
あの場所は沢より約20mの高さにあり、更に大きな岩が
積み重なった感じのところだったので
ハチが集団で襲ってきたらとんでもないことになっていたでしょう!(苦笑)

後、とてつもなく大きな岩が普通にゴロンゴロンしているのには
人間の存在なんかちっぽけなものなんだな!と思ってしまうくらい
別世界の場所でした!

[2012/09/23 18:33] URL | :express55 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://express55.blog65.fc2.com/tb.php/381-bd82b14b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)