プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
雨の金剛山 その3 下山 そして滝谷不動尊へ
つかの間の山頂散策、下山します。

下山開始から約10分、大日岳にでます。

金剛山、1

ここは殆ど展望できません。
2,3枚記録としてパシャリ!
雨はすでに止んでいますが空はいまだに曇り空。

周りは延々杉並木、写真を撮っても面白くないので
黙々下山します。

金剛山、2

大日岳を出て約一時間、峠への分岐点に差し掛かりました。

金剛山、3

そして下に下りるにつれ所々霧が発生します。

早く風呂に入りたい!の一心で足早になり
午後1時過ぎ出発地点の水越峠に到着しました。

この後、すぐに富田林にある「うぐいすの湯」に直行。
このスーパー銭湯は露天風呂がまた豪華!
露天風呂にある壺湯で「この後、夕焼けになる?ならない?」を議論。
お日さんが顔を出してきたので「下赤坂の棚田」で夕焼けを撮る事に。


サッパリ状態でウグイスの湯を出たのが午後3時前、
夕刻までまだまだ時間があります。
後半の運転は僕の番です。
「どこで時間つぶします?観心寺?」と、話しているうちに
ke-nさんが、ナビで「滝谷不動尊」を発見。
「何処にあるんですか?そのお寺」
同じ大阪なのに大阪南部は全然分かりません(汗)
場所もそんなに遠くはないのでいざ出発。

所々に看板があり滝谷不動駅もあるので
有名なところかもしれない、、、車を転がせて約20分。
間違えて本堂に入ってしまいました。「ここ、駐車場じゃないよね、、、」
幾人かの目線を感じながら後ずさり、、、
もう少し先に広い駐車場がありました。

滝谷不動尊、3

瀧谷不動明王寺。各お堂はかなり新しいですが、
約1,200年の歴史を持つお寺でした。
国の重文、木造不動明王二童子像が安置されていますが、
もちろんこのときは全く知りませんでした。

駐車場側には西国三十三箇所御砂踏みがあります。

滝谷不動尊、2

「ここ行った、行っていない。」
一つ一つke-nさんと確認します。

ここから本堂上にある多宝塔が見えました。
「せっかく汗を流したのに、また汗かくんかい!」と、
ke-nさんがぼやいていますが、足は多宝塔に向かっています(笑)

滝谷不動尊、4

多宝塔へ行くには本堂の前を歩きます。
本堂も見ていこう。

滝谷不動尊、5

しかし、あまり古さがなくあまり写欲が湧きません、、、

滝谷不動尊、6

本堂全体も撮っておこう。

そして多宝塔に向かいましたが、お掃除中だったので
何も撮らずに降りてきました。

滝谷不動尊、7

まあ、こんなものでしょうか、、、(苦笑)

早く、次の下赤坂の棚田へ向かいましょう!(笑)
しかし非常に腹減ったぜ!(汗)

                    つづく

スポンサーサイト

コメント

大日岳からの尾根はほんとに杉林が続いて確かに撮影スポットは
ないですね。
滝谷不動尊は、河内長野ら辺をうろうろしてたら、そこらじゅうに
案内が貼ってますね。新しくて綺麗なお寺ですね。
[2012/07/02 23:49] URL | COOPER #- [ 編集 ]

大阪府南部
COOPERさん、こんばんわ

>杉林が続いて確かに撮影スポットはないですね。
本当そうですね。ガスが発生していなければ
たまにke-nさんの後姿を撮るくらいです!(爆)
今回の後姿は見事に全てピンボケでした!(苦笑)

>滝谷不動尊は、河内長野ら辺をうろうろしてたら、そこらじゅうに
案内が貼ってますね。新しくて綺麗なお寺ですね。
今まで全く意識していなかったのですが
結構あちこちに看板があるんですね。
もっと大阪府南部を探索しないといけないです。
[2012/07/03 19:32] URL | express55 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://express55.blog65.fc2.com/tb.php/350-f1ee6c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)