プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
晩秋の比叡山から京阪三条まで、3
綺麗な紅葉を撮影し更に北白川へと降りていきます。
すると、綺麗な沢に出てきました。
そこで撮影がてら休憩することに、
その沢には役目を終えたもみじの葉が大量に流れていました。

下山、1

下山、2

沢を流れる落葉を撮ろうと頑張ったのですが
まったく上手に撮れず断念、、、

休憩を終え更に見通しの利かない山道を歩きます。
すると、"てんこ山"と書いた案内板が出てきます。
とりあえず案内板近くにあるてんこ山頂上を目指ことに、
しかし、ke-nさんが、まったく道なきところを登ろうとします。
「向こうに綺麗な道がありましたよ!」と言ってもまったく聞かず
その道なきところなら登る羽目に、、、
案の定、まったく訳の分からない状態になります。
斜面で滑りこけてしまったワタクシ、、、(汗)
道なき道を登ると、とりあえず山の尾根が出てきました。
その尾根伝いに登ると、やっと目的地"てんこ山"が出てきました。

てんこ山山頂

山頂442,3mといっても三角点の標柱があるのみで
寂しい場所でした。
しかしこのてんこ山、一体何人の京都市民が知っているのでしょうか。

さらに歩くと、みはらし台、かつては北城出丸址という展望地になっていたようですが、

みはらし台、1

今は周りの樹々が大きくなりすぎて殆ど見通しが利きません。

更に先に進むと瓜生山山頂になります。
そこは幸龍大権現という小さな社があり、
その山頂にはお城があったとのことです。

みはらし台、2

興味を持たれた方は、将軍山城 wikipediaをご覧ください。

この辺りから雨が本降りになってきました。
ke-nさんのブログには書いていませんが結構な雨が降っています。
「ホンマ、絶対雨が降るなあ、、、」二人して黙々と下山します。
下界近くで、京都の山で冬山登山重装備で下山する山ガールを、
適当な格好で下山する僕が彼女達を追い越します。
しかしあんな重装備で、京都の山を歩いていたなんて
なんて用心深いのだろうと、いい加減な格好の僕は反省するのでした!(爆)

さらに勾配がゆるくなると小さな神社が見えてきました。

大山祇神社、1

大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)登山者の何人かは
この神社で雨宿り。

大山祇神社、2

僕たちは暗黙の了解で撮影開始。

大山祇神社、3

なかなかいい神社ですね!

今まで山道を歩いてきて、この神社のすぐ先は
いきなり市街地に出てきます。
ワタクシかなり戸惑いました、、、
登山格好の僕たちは閑静な住宅街を
怪しく銀閣寺方面に向かって歩きます(汗)

                つづく
スポンサーサイト

コメント
おはようございます
音羽川に落ちたもみじはきれいですね。
苔生した絨毯に落ちたもみじも映えますね。

今から一徳防山へリハビリに行ってきます。
[2012/01/15 08:19] URL | 団子 #- [ 編集 ]

もう大丈夫ですか?
団子さん、こんばんわ

豆はほぼ完治ですか?そして無事に一徳防山制覇できましたか?(笑)
やっぱり痛みがなくなると足が軽やかになりますね!(笑)

以外と落葉を撮るのは難しいですね!(汗)
いつも考えながら撮影しています!(苦笑)
[2012/01/15 21:22] URL | express55 #- [ 編集 ]

回り道より直登(笑。
express55さん、おはようございます。

てんこ山、京都のトレイルでは非常に印象に残りました。
僕のおかげで一生忘れない山になったでしょ(爆。

山ガールさんたち、テント担いで縦走してきたのでしょうかね。
あるいは本格的冬山の訓練か。
三人ぐらいでの山行が楽しそうでしたね。

写真はやはりてんこ山山頂。
ものすごく寂しい雰囲気が忠実に現われていますね(笑顔。
[2012/01/16 09:00] URL | ke-n #96CPHh6c [ 編集 ]

超マイナーな山!(爆)
ke-nさん、こんばんわ

今日はまったく撮影にならない天気でした、、、(涙)

>僕のおかげで一生忘れない山になったでしょ(爆。
僕が「こっちに道がありますよ!」と言っても
あのけもの道のような所を歩いていくのでまいりました!(笑)
でも今思うと、てんこ山の帰りも多少道なき所を歩いたので
結局どっちから行っても迷っていたのでは!?(汗)

>山ガールさんたち、テント担いで縦走してきたのでしょうかね。
あるいは本格的冬山の訓練か。
多分冬山登山の訓練だったのではと思いたいですよね!(笑)

>ものすごく寂しい雰囲気が忠実に現われていますね(笑顔。
あの折れていた今は無き建設省の標柱を写真に入れて
人が殆ど訪れない雰囲気を出したかったので
あのような物悲しい写真にして見ました!(微笑)

[2012/01/16 17:57] URL | express55 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://express55.blog65.fc2.com/tb.php/287-7f3d8417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)