プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
弥山川双門コース三の滝まで、その1
先日の日曜日ke-nさんと、双門コースに行ってまいりました。
よくke-nさんのブログを見るとあの、
危、危、迷、危、、、の場所ではないですか!ke-nさんブログ
このときの僕のコメント「この先の滝がどんなに美しくてもここで断念します…」
だったのに、、、(汗)

鶴見区の激安駐車場を午前4時に出発して
奈良県天川村の登山口到着が午前5時45分。
到着するや否やワタクシ「しまった!登山靴忘れた、、、」
と、言うことで、いつもながらのなめた格好で上級登山コースに出発!
果たして無事に帰ってこれるかな?(笑)

双門コース、1

双門コースは最終"弥山"まで続いています。
途中に日本の滝百選に選ばれた"双門の滝"があり
今回は、、、

双門コース、2

登山口から

双門コース、3

双門三の滝までの行程です。
ちなみに、双門の滝はもっとも見るのが困難な
百選の滝だそうです、、、(当たり前か、、、)

いざ6時丁度に出発!まず30分かけて林道をひたすら登ります。

双門コース、4

そうすると、右は楽チンコース?と、左は双門コースに分かれます。
しばらく下りとなりここ数十年は車は走ったことないだろう林道を
下っていくと突然川の流れのない河原"白川八丁"という不思議な空間に出ます。

双門コース、5

小石が延々続く河原。一体水は何処に?と疑問が湧きますが
川の水はこの小石だらけの河原の下を流れているのです。
でも、所々流れ跡があると言うことは濁流の場合は
川の流れが見られると言うことでしょうか?
これも立派な自然の不思議ですね!っと、
のんきなことを書いていますが、
実はこの白川八丁に着いた途端、
二人ともアブの集団の奇襲に襲われていました!
お互いの背中にはあわせて約百匹のアブ!
虫嫌いのke-nさんは、「も、もう無理!」を連呼しながら
阿波踊りを踊るかのように虫を追っ払い、
僕はタオルをプロペラのように回して
アブを追っ払いながら前を進みます。
こいつら、ただジッと体にまとわり着くぐらいならいいですが
油断すると針を刺したような痛みで噛むので大変厄介者でした。
そんな、こんなで約一時間で最初の目的地の"がまの滝"に到着。

しかしアブもあきらめずにずっと付いてきます。
「これじゃぁ写真も撮れないから帰りに撮ろう」と、ke-nさん、確かに。
更に先に進むと古そうな関西電力管轄の砂防ダムが出てきます。
それを抜けるといよいよ双門コースの"デンジャラスゾーン"に突入です!(笑)
正直この先、安全地帯でしか写真は撮れませんでした。
この先の行程は勝手にke-nさんの
お知り合いのブログを拝借させていただきます。熊渡から 弥山川・双門コース  弥山 八経ヶ岳
ちなみにこのブログでの後姿の登山者はke-nさんです。

このデンジャラスゾーンで、晩にこしらえた2Lのウーロン茶のペットボトルが
中途半端な状態で入れていたリュックから落ち、
そのまま谷に滑り落ちて天に召されました、、、(汗)

                  さ、最悪、、、つづく
スポンサーサイト

コメント
ふふふのふ。
express55さん、おはようございます。

当日は大変にお疲れ様でした。
川へ遊びに行こうと連れて行かれた上級者コース、
お盆休みの良き思い出となったでしょうか(笑。

この日は全行程の1/3ほどのピストンでしたが、
けっこうきついイメージが残りましたね。
あの伏流の河原は朝に通過するとやはりアブの住処でした。
帰りは活動があまりなかったのが不思議ですね。
やつらはお日様に弱いのでしょうか。

案内板は弥山川の地形の険しさがよく表現されていましたね。
[2011/08/24 08:34] URL | ke-n #96CPHh6c [ 編集 ]

あの看板見て開き直りました!(笑)
ke-nさん、こんばんわ

>川へ遊びに行こうと連れて行かれた上級者コース、
お盆休みの良き思い出となったでしょうか(笑
正直、前の時点で双門コースの恐ろしさを知っていれば
絶対に「行く!」とは言わなかったかも!(爆)
でも、あのコースのおかげで少々の中級コースくらいなら
大丈夫かもしれませんね!?(嘘です!)
本当にいい思い出になりました!

>あの伏流の河原は朝に通過するとやはりアブの住処でした。
帰りは活動があまりなかったのが不思議ですね。
あの噛まれた後は今もしっかり残っているし
随分マシになりましたが未だにかゆいですよ!(汗)
昼は多分暑いので木陰に隠れているのでは?
でも、帰りのがまの滝で僕はしっかり噛まれてますが、、、

>案内板は弥山川の地形の険しさがよく表現されていましたね。
三の滝までの工程の危険箇所の×印は十箇所くらい抜けている感じです!(笑)
しかも一の滝の見所の岩のところ一箇所だけって、、、(汗)



[2011/08/24 21:16] URL | express55 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://express55.blog65.fc2.com/tb.php/230-d5793884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)