プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉、その1
いよいよ紅葉も終盤ですね。

今日は近所の公園で撮影した紅葉をアップします。

近所、1

近所、2

近所、3

近所、4

近所、5

近所、6

近所、7

近所、8

近所、9

近所、10

秋はメランコリックな気分になりますが
紅葉を見ていと心洗われますね。



スポンサーサイト
神童子谷、秋編
10月の最終の日曜日ke-nさんと今年二度目の神童子谷に行ってまいりました。


神童子、再1

この遊歩道を造った方々、ご苦労サンです。

神童子、再2

へっついさんです。
前回はへっついさんを歩いて渡りましたが
さすがに10月の水温、腰辺りまで水に浸かるのはゴメンなので
前回帰りに使ったここの左壁より迂回ルートに入ります。

神童子、再3

前回は迂回ルートでの撮影に余裕がなかったので
今回はしっかり写真に収めました。

へっついさんの丁度真上あたりですかね?

神童子、再4

どれが道なのかよく分かりません、、、(汗)

神童子、再5

この急斜面分かります?(苦笑)

神童子、再6

慎重に歩くke-nさん。

神童子、再7

下に遠く見える沢、、、滑落したら命はありません、、(汗)

神童子、再8

危険箇所をクリア。沢へと降ります。

神童子、再9

とりあえず一安心、ここでしばしの撮影タイム。

神童子、再10

長い年月をかけて大きな岩を削り不思議な形の滝になったのでしょうね。

神童子、再11

岩のくぼみに落ち葉が溜まって模様を造っていました。

神童子、再12

勢いよく水が流れ落ちます。

神童子、再13

しばらく歩くとこんな山奥に立派な石垣が出てきます。
一体何のためにこんな山奥に家か作業場か作ったのでしょうか?

神童子、再14

うろこ雲に映える紅葉。

神童子、再15

先を歩くと、一際目立つピークが見えてきます。

神童子、再16

地図で調べると竜ヶ岳の南にあるピークと判明。

神童子、再17

山肌の紅葉が非常に綺麗です。

神童子、再18

釜滝までやってきました。

神童子、再19

大きな滝壺にはたくさんの落ち葉が滞留しています。

神童子、再20

神童子、再21

神童子、再22

小さな渦がクルクル廻り見ていて飽きません。

神童子、再23

滝壺に木漏れ日が入ってきました。

神童子、再24

釜滝の上部、犬取谷方向に歩きます。
ke-nさんは先々進んでもうすでに見えません。

神童子、再25

神童子、再26

神童子、再27

神童子、再28

”黄葉”写りこむ綺麗な滝まで来ました。

神童子、再29

神童子、再30

神童子、再31

滝全体も葉の黄色に染まっています。

神童子、再32

全体的にまだ緑色の葉が残っている感じでしょうか?

神童子、再33

神童子、再34

神童子、再35

釜滝まで戻ってきました。滝壺に光が入りつつあります。

神童子、再36

神童子、再37

神童子、再38

神童子、再39

落ち葉が滝壺全体を覆い、木漏れ日が滝壺と落ち葉を照らし出し綺麗です。

神童子、再40

犬取谷奥に行っていたke-nさんと合流、そして撮影終了。

帰りの迂回ルートも先程のコース。

神童子、再41

神童子、再42

この山道の細さとこの急斜面分かります~!?(苦笑)


神童子、再43

帰りはこのへっついさん上部を一気に直下りするところが非常に怖い、、、

神童子、再44

気を緩めることなく慎重に下ります。

神童子、再45

今回も無事に神童子谷を歩くことができました。

神童子、再46

紅葉終われば大峰山系も一気に冬模様ですね。

神童子、再47

神童子、再48


この後、下市温泉にて汗を流し、
夕食は前から気になっていた
国道309号線沿いの怪しい食堂街にて
ラーメンを食べました。




神童子谷再び、予告
先日10月30日、ke-nさんと秋の神童子谷に行って来ました。

神童子、再16

また広告が出たので近々アップ予告です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。