プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都御苑 近衞邸跡の枝垂れ桜と、和知山野草の森
先月の27日、ke-nさんと
京都御苑の近衞邸跡の枝垂れ桜に行ってまいりました。

午前3時半にke-nさんにうちの近くのコンビニに迎えに来てもらい
午前4時半に京都御苑に到着。
現地は街灯はあるものの正直真っ暗けっけ、、、

真っ暗状態で案内板を見て街灯頼りに歩くと
ぼんやり桜が見えてきました。

ファインダーを覗いてもよく分からない、、、
「とりあえず撮ってしまえ!」と撮影した一枚!

京都御苑、1

携帯のライトでピントを合わした一枚。
尚、白い天は星です。

京都御苑、2

京都御苑、3

京都御苑、4

ke-nさんに「月と桜は撮ったんかいな?」
ワタクシ「全く気付きませんでした、、、」(汗)

京都御苑、5

ようやく辺りが明るくなって、全容が見えてきました。

京都御苑、6

気が付けば廻りはカメラマンだらけ、、、
オマケにこの桜の木に日が当たるのを皆が知っているのか
大勢の方々が狙いを定めていました。

京都御苑、8

約1時間ほど粘りましたが、無常にも日が昇る東の空には
雲が垂れ込め、結局朝日は当たらず仕舞いでした、、、(苦笑)
ke-nさん曰く、この雲も僕のせいとのこと、、、(笑)

京都御苑、9

ようやく別の桜に光があたり始めました。

京都御苑、10

撮影隊もえらい多くなってきたので午前7時に撤収命令。

京都御苑、11

京都御苑、12

次の目的地は、おととしke-nさんと行った
京丹波の”わち山野草の森”に向かいます。
朝食を全然摂っていないので、亀岡でお腹を満たし
京丹波町和知まで国道9号、27号線を使い
のんびり旅で午前10時前に到着。

わち山野草の森、広大な敷地の中で
四季折々に美しい花・風景を満喫することができる場所です。

二度訪れていますが、毎度貸しきり状態で遠慮なく写真が撮れます。


ピンク色のアセビに小さな虫。

わち山野草の森、1

ユキヤナギ

わち山野草の森、2

雪割草(ミスミソウ)

わち山野草の森、3

わち山野草の森、4

わち山野草の森、5

わち山野草の森、6

わち山野草の森、7

ムスカリ。
雪割草の隣に咲いていたから珍しい花と思いきや
「それ、園芸種やで~!」とke-nさん。

わち山野草の森、8

わち山野草の森を貫くように山陰本線が走っていて
毎時二本往復路で特急が走ります。

北近畿タンゴ鉄道、KTR8000形気動車「まいづる」「はしだて」

わち山野草の森、9

JR西日本、特急型電車、287系「まいづる」「はしだて」

わち山野草の森、10

再び花の撮影に戻ります、、、(苦笑)

変わった蘭が咲いていたので、ke-nさんに
「エビネラン?かな?咲いてたで~!」と知らせに行くと
「どうせ、なんかの間違いやろ~」と言いながら現場に行くと
「おお!よう見つけたやないか!春蘭や!」と。
全く人を信用しないんやから、、、(汗)

春蘭(しゅんらん)

わち山野草の森、11

可愛い花のカタクリ。
本物の片栗粉はこの根っこのでんぷんです。

わち山野草の森、12

蕗の薹(フキノトウ)

わち山野草の森、14

キンキマメザクラ

わち山野草の森、15

そして、最後に立ち寄ったとある菜の花畑、、、(苦笑)

亀岡、2



湯の花温泉の烟河(日帰り入浴700円) でさっぱりして帰りました。


スポンサーサイト
SL北びわこ号
久々の鉄道ネタです。先月6日の日曜日
貴婦人ことC571が牽引する北びわこ号を撮りにいってまいりました。

SL北びわこ号、1

SL北びわこ号、2

さすがC571が牽引するだけあって、C56160と違って
人が非常に多かったです。

SL北びわこ号、3

SL北びわこ号、4

日本の蒸気機関車は本当に美しく格好いいです!(笑)

SL北びわこ号、5

大きな動輪3つはまさに”C”の証。

SL北びわこ号、6

SL北びわこ号は木ノ本駅が終点。
帰路はこれまたEF65形1000番台(PF形)か牽引。
車輌は違いますが、ブルーとレインを彷彿させる組み合わせです。

SL北びわこ号、7


私は本当に鉄道が大好きです。
しかし、今回も一部の勝手な鉄道ファンの身勝手な行動に
非常に情けなく感じる場面がありました。
「このような身勝手な行いが、鉄ヲタを”アホ、キショイ”呼ばわれさるんやなあ~」

今後もすばらしいSLを走らせるためにも
やはり主催者側の指示に従って行動すべきだと思います。



次回の北びわこ号、初乗車します!(嬉)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。