プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の地再び、山辺の道を歩く
3月21日I氏と散々奈良公園を歩いた翌日、再び奈良の天理を目指そうとしています。
それはke-nさんと、”山辺の道”を歩くからです。
二日連ちゃんで奈良かいな、、、
まあ、仕方がない、、、

ke-nさんとの天理駅の待ち合わせは午前8:15分
JR西日本のお出かけネットでシュミレーションをかけて
JR片町線、河内磐船7:02分発普通木津行きに乗れば余裕で天理駅に到着します。

余裕の気持ちで河内磐船駅でケツ打ちの321系をパシャリ!

321系

乗車した電車、河内磐船7:02分初木津行き普通。
ところがこの電車、松井山手を過ぎてから線路は単線になるので
途中途中の駅で線路閉塞のため「5分停車!」「6分停車!!」を繰り返します、、、
毎度どこに行ってもトイレの近い我輩、、、
どうにもこうにもトイレがしたくてたまりません、、、
乗っている電車は通勤電車207系のため車内トイレなんぞ付いていません、、、
6分停車の駅で「トイレに走ろうか、、、」とも考えましたが
なんとか木津までと我慢し木津駅に到着!
そこからもうダッシュでトイレに向かいます。

快感と爽やかな気持ちで長い用を足し、ほっとして
もうダッシュで奈良行きの電車に向かうと扉が閉まっています。
「例のドア開閉ボタンを押すのかな?」と思ったら電車が動き出します!
「!!!何で~?」
そうです。木津での乗り継ぎ時間3分たっぷり使って用を足したので
電車に乗り遅れたのです、、、(汗)

慌ててke-nさんに「乗り遅れた、、、」連絡したら
メールで竹内力の恐ろしい顔で「地獄の閻魔さんに会う覚悟は出来てるんやろな~」
と、飛んできます、、、(涙)
木津駅で天理駅到着時間を調べてみると予定時刻より45分遅れ、、、
奈良駅でも30分弱待ちなのでついつい撮り鉄します、、、(苦笑)

乗るべき列車、国鉄型105系はなかなか撮る機会が無いので
しっかり構えて撮ってみました。

105系

8:37分ようやく奈良駅を出発、もちろん乗る車輌はモーター車!
初の桜井線、約13分楽しんで天理駅に到着。
奈良県天理市、もちろん天理教の本拠地であり市全体が宗教都市。
天理教総本部の教会に圧巻!でも写真を撮っている暇は無く
急いでke-nさんとの待ち合わせの総本部の桜の木に向かいます。
もちろんke-nさんは余裕で桜を撮りまっくっています。
40分遅刻の僕には撮る余裕がありません、、、

仕方なく山辺の道の出発地点、石上神宮を目指します。

ke-nさんから山辺コースの地図を渡されよくよく見ると
「………これってよくよく地図見たら、途中に食堂やコンビニなんてないんちゃいますのん、、、」
「せやろな~!俺はもう買ったで~」「僕は食料買ってませんやん!」
と、悪態づきながらあるいていたら、偶然にも石上神宮近くにコンビニがありました。
慌てて「食料買ってきますわ!」
そうなんです!ここで食料を購入したのが正解!この後奈良公園まで
食べ物屋さんどころかコンビニなど一軒もありませんでした、、、
(厳密に言えば一軒お店がありましたが、駐車場の殆どの車が他府県ナンバーという
多分要予約制であろう洋食屋さん?がありました。)

午前9時半前、石上神宮に到着。ここから山辺の道の後半が始まります
石上神宮は放し飼いの鶏がたくさん!
うっ!睨んできやがった、、、

山の辺の道、2

この日はこのコンビにしては非常に珍しく、快晴のぽかぽか陽気で
春が来たんだなあ!と思わせる天気でした。

ホトケノザ。

山の辺の道、1

菜の花、、、左下端に鉄パイプが写ってる、、、

山の辺の道、3

ナズナ(俗にぺんぺん草)

山の辺の道、4

タンポポも春を待っていました!

山の辺の道、5

思い切り背伸びをしています。

山の辺の道、6

山辺の道はまだまだ続きます。

山の辺の道、7

梅林の下にヒメオドリコソウの大群生。

山の辺の道、8

名阪国道の下をくぐれば白河ダムまですぐそこ。

山の辺の道、9

11時10分、白河ダムに到着。
ダムというより大きなため池のような感じ。
たくさんのヘラブナ釣師が竿先の浮をじーっと睨んでます。

山の辺の道、10

ここで若干のコース間違いがあり(苦笑)次の弘仁寺を目指します。

山の辺の道、11

そして午後12時前に弘仁寺に到着。

山の辺の道、12

見応えのある立派なお寺です。

山の辺の道、13

なんの花やろう?と話していましたが”ボケ”の花と判明。

山の辺の道、14

山の辺の道、15

13時、圓照寺に到着。非公開寺院のため拝観は不可。

山の辺の道、16

この山辺の道は竹林の中を通ることが多く竹の葉が鮮やかです。

山の辺の道、17

それと所々に耕作放棄地があり、荒地の中に梅の木や
誰も採らなくなった柑橘系の畑が雑草に埋まろうとしていました。

山の辺の道、18

梅の木の下にひっそりと咲く水仙の花。

山の辺の道、19

ここから百毫寺まで殆ど撮影ポイントがありません。

山の辺の道、20

ウグイス、ヤマガラ、ヤマバトの鳴き声が長閑な山辺の道でよく聴こえます。

山の辺の道、21

去年ドタバタで訪れた百毫寺(びゃくごうじ)が近づいてきました。
百毫寺には有名な”五色椿”があるとのこと。
偶然にも百毫寺からオバ様たちが歩いてきます。
ke-nさんが「咲いてるか聞いてみ!」と僕に言わせます、、、
返ってきた答えが 「咲いていましたよ」とのことでしたので百毫寺を訪れてみます。
僕たちは椿といえばもちろん”落椿”連想します。
スマホで調べてみると”五色椿”のお見事な落椿!
ワクワクして百毫寺を拝観してみると「確かに咲いているけど、、、落ちてませんやん、、、」
もちろん五色椿は見事に咲いてます。
ke-nさんに「椿はもう落ちていましたか?と聞くべきやったのでは?」と、
後の祭りで悔しいので他の落椿を撮りまくり!(苦笑)

山の辺の道、22

山の辺の道、23

山の辺の道、24

山の辺の道、25

山の辺の道、26

百毫寺から程なくして新薬師寺がありますが、僕は以前に訪れていて
「お寺の中以外は見応えがない!」とke-nさんに伝えると
「え~行かへんのかいな?」苦虫を噛み潰したようのな顔をして横を通過します!(苦笑)

新薬師寺の横はもう奈良公園の原生林の中。

山の辺の道、27

この前の日も訪れた春日大社も「もう行きませんで~」と通過!(笑)

奈良公園の巨木は見応えがあります。

山の辺の道、28

山の辺の道、29

奈良国立博物館仏教美術資料研究センター(重文)

山の辺の道、30

そして昨日と同じアングルで興福寺!ご朱印をもらわんと、、、(汗)

山の辺の道、31

この日歩いた距離は約20km強、さすがにヘロヘロです。
そして近鉄奈良駅近くの中華屋さんで完歩祝いで生ビールで乾杯して、
ke-nさんは目の前の近鉄奈良駅、僕は1km先のJR奈良駅、、、
ヘロヘロになった上に少し酔っ払いながらとぼとぼ歩き
再びJRローカル線の恐ろしさ!
木津駅で乗り継ぎ約30分待ちを味わい、のんびり帰る羽目となりました、、、(苦笑)




田園情緒に満ちたバグパイプがお祭りの音楽を奏で、
妖精も羊飼いもすばらしく晴れわたった春めく空の下で踊りだす。

ヴィヴァルディ:合奏協奏曲集”四季”春のソネットより。




スポンサーサイト
奈良公園
先日の連休の初日、友達I氏と興福寺南円堂に
西国三十三箇所巡礼のご朱印をいただきに奈良公園を訪れました。

I氏の仕事の用事が奈良にあったのでそちらを先に済ませ
昼過ぎに例の鹿のステッカーがいただける(笑)
奈良公園の春日大社の駐車場に到着、
春日大社に立ち寄り、健康のため興福寺南円堂まで歩いていきます。
奈良公園を訪れるときはいつも平日休みなので
休日時の観光客の多さにビックリしました。

歩いて20分強、興福寺に到着、定番の写真をパシャリ!

五重塔と東金堂(共に国宝)

奈良公園、1

南円堂(重文)ご朱印は南円堂でいただきます。

奈良公園、2

奈良公園、3

ご朱印をいただき「とりあえず東大寺方面に行ってみましょか?」
ということで東大寺を目指します。
観光客と鹿を掻き分け南大門に到着。

奈良公園、4

何度もくぐっている南大門、上を眺めたのははじめてかも、、、

奈良公園、16

ここ最近拝観したことがない東大寺、久々に拝観させて頂きます。

奈良公園、5

虚空蔵菩薩像(重要文化財)の手と盧舎那仏(大仏)のお顔。

じっくりと東大寺を拝観し、次に東大寺二月堂を目指します。


奈良公園、6

奈良公園といえばやはり鹿。
鹿は春日大社の神使であり、春日大社創建の際、
茨城県にある鹿島神宮の祭神・武甕槌命が神鹿に乗ってやってきたと伝えられる、、、wikipediaより

奈良公園、7

灯篭、鹿、灯篭、鹿、、、と綺麗に並んで座っています。

奈良公園、8

二月堂(国宝)
半年に一回二月堂を訪れている気がします、、、(汗)

奈良公園、9

奈良公園、10

奈良公園、11

奈良公園、12

奈良公園、13

いやしい鹿達、、、(苦笑)大峰の鹿は一目散に逃げていきます、、、

奈良公園、14

奈良公園、15

この日はたっぷり歩きました、、、

実はこの日の翌日、ke-nさんと再び奈良公園を訪れることとなり
この日歩いたであろう距離の約4倍も歩くことになります、、、(苦笑)







天晴れの下で撮りたかった、、、三峰山
今年はなかなかタイミングが合わず、三峰山の樹氷を見に行くことができませんでした。
3月11日、この月としては珍しい強烈寒波がやってくるとのこと。

ke-nさんと約束をしていた11日の三峰山の天気予報は晴れ!
最後の樹氷と晴天を求めて三峰山に行ってまいりました。

いつものパーキングを出発ししばらくは放射冷却になるくらいの星空、
「空、青空でっせ~!」と、ke-nさんに言いまくりながら三峰山到着。
現地も見事に綺麗に晴れていました。
でも小さな綿雲の動きがやたら早く、山頂は強風が吹いている模様。

準備をして午前6時半前、晴天の下での出発。
ウキウキして山頂を目指します。

三峰山、1

出発をして約30分、不動滝に到着。
早速撮影開始。

三峰山、2

滝の前にある橋の下は立派な氷柱が並んでいます。

三峰山、3

雪か霜がうっすら積もっていました。

三峰山、4

不動滝 落差15mの滝ですが水量が多く存在感があり
なかなか撮り応えのある滝です。

三峰山、5

三峰山、6

滝の横からも撮影しようとしたら「行くで~」とke-nさん。
「マジ~?」と大慌てで場当たり的に数枚撮影、、、

三峰山、7

三峰山、8

三峰山、9

もうちょっと撮りたかった、、、

三峰山、10

山も久々に登り途中何度かへばりながら山頂を目指すのですが
あれだけ晴れていた空は日が高くなるにつれ雲が多くなります、、、
そして非難小屋付近から強風という、”オマケ”まで着いてくるではないですか、、、(汗)

更に足元は厚い氷で覆われたアイスバーン、
簡易アイゼンを着けているとはいえ油断すると滑ります。

三峰山、12

三峰山の尾根に入りましたが空は完全に曇天に覆われ
強風が吹き荒れています、、、(涙)
樹氷も小さく、雪も足元にわずかにあるのみです。

三峰山、13

これは三年前の平成24年に訪れたときの三峰山、
何もかもが最高だったときです。
今回もこれに近い状態を望んでいたのですが、、、(汗)

三年前の三峰山

小枝に付いた樹氷、まるで幾何学模様のようです。

三峰山、14

山頂に近づくにつれ風が強くなってきます。

三峰山、15

そして午前9時過ぎに山頂に到着、毎度ながらなにも見えないので
足早に八丁平に向かいます。

三峰山、16

こんな極寒でも苔や植物たちは春に向けて芽を出す準備をしています。
本当に健気ですね。

三峰山、17

八丁平はまさに暴風が吹き荒れます。

三峰山、18

しっかり踏ん張っていても油断すると風で吹き飛ばされます、、、

三峰山、19

暴風、極寒でも彼らは訪れる春をじーっと待っています。
僕たちも彼らの生命力の凄さを見習わなくてはいけません。

三峰山、20

時々一瞬パッと辺りが晴れるんですが、慌てて撮るのでこんな写真しか撮れません、、、

三峰山、21

まさに極寒です。

三峰山、22

去年も三峰山に登りましたが、暴風と極寒、オマケに濃いガスで最悪でした、、、
今年はガスに覆われていない分マシかな?

来年は数打ちゃ当たる!?で、頑張ってみようかな?(笑)

三峰山、23

隣の高見山のモンスター的樹氷もいいですが
僕はこの三峰山、八丁平の樹氷の方が心惹かれますね。

この後、非難小屋にて昼ごはんを摂ります。
ke-nさんは自慢げにコンロを出します。
僕はそれに便乗して湯を沸かしてもらって
ラーメンに湯を入れてもらい、ke-nさんは残り湯で
鍋を作ります。
そこに餃子にハーブウインナーに、ラーメンに、、、(闇鍋もどき!?)
を作って、「俺のカメラ、フラッシュ付いてないから撮っといて!」、、、
ハイハイ!アタイのカメラ、いつまでも型遅れの7Dですよ~(苦笑)

三峰山、24

何故か不思議と美味な鍋!(笑)
文句を言わずに頂きました。
この後そのまま下山。

下山するとまさになごり雪が降っており
思わず「♪なごり雪も降るときを知り、、、」口ずさんでいました。

三峰山、25

その後、いつもの道の駅、御杖温泉 姫石の湯にて冷えた体を温めて、
帰路途中、前々から気になっていた近鉄撮影ポイントで撮影開始、
ke-nさんが「例の電車いつ通るのん?」
アタイ「ハイハイ!”しまかぜ”ですね!」と、スマホで調べてる途中に
「特急や!」と、慌てて撮影!と、こんなやりとりが3回あって
構図もヘッタクリもなく最後にドタバタで撮ったリニューアル”伊勢志摩ライナー”

三峰山後、1

いつもなら完全にお蔵入りでございす、、、(苦笑)

帰りはなごり雪を探しながらの岐路となりました。

三峰山後、2

三峰山後、3


春がやってきた。
楽しげに小鳥が幸せに満ちた歌を歌い、喜んで春を迎える。
小川の流れは、西風の息吹にささやいている。
そのうちに空は黒雲に包まれ、春の兆しのように雷鳴がとどろき、稲妻が光る。
やがて嵐は去り、小鳥がふたたび喜びの歌声を上げる。

ヴィヴァルディ:合奏協奏曲集”四季”春のソネットより。






ただ今編集中です、、、
スミマセン、、、なかなか先に進みません、、、
もうしばらくお待ちください!

特急しらさぎ、1


長浜駅にて、特急しらさぎ、683系




またまた山田池、、、はるよ来い、、、
最近、全くネタなしなので、、、いつもの山田池にて
メジロの撮影です。この日の前半はあいにくの曇りだったので
撮るのが難しかったです。

「またメジロ!!」なんですが、ご了承ください、、、(苦笑)

山田池、春、50

 山田池、春、51

梅も五部咲き位かな?

 山田池、春、52
 山田池、春、53

メジロを一生懸命撮っていると、やはりこやつがやってきます、、、
マジ可愛くない奴、、、(汗)

 山田池、春、54

ヒヨドリが飛びだってしばらくすると再びメジロがやってきます。

メジロのイナバウナー、、、ちょっと古い!?(苦笑)

 山田池、春、55

ke-nさんは「目の白い部分がリアルで気持ち悪い、、、」とのこと、、、
こんなに可愛いのに!(笑)

 山田池、春、56
 山田池、春、57
 山田池、春、58

ようやくお日さんが出てきました。
とても愛嬌あるでしょう!

 山田池、春、59

人をあまり恐れないのか、距離が近すぎて撮れないことが多々ありました。

 山田池、春、60
 山田池、春、61

晴れてきてええ感じ!と思った瞬間!またまたコヤツがメジロを蹴散らします!(怒)
あまりにも腹立ったので「ええ加減にせい!」と追っ払いました!(微笑)

 山田池、春、62

追っ払ってもわが道を行くヒヨドリ、小さな池で水浴びをしていました。

 山田池、春、63
 山田池、春、64

メジロの撮影ももうお腹いっぱいです(笑)

 山田池、春、65

梅が散ると今度は桜の季節ですね。

 山田池、春、66
 山田池、春、67

三寒四温が体で分かる季節となりました。
でもまだまだ寒さが残っておりますので、
お風邪など引きませんようお気をつけ下さい。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。