プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の朝焼け
秋の空

空はすっかり秋ですね。
いよいよ紅葉シーズン突入です!

スマホにて撮影。

スポンサーサイト
大普賢岳周回コースに挑む その3
分岐点から約1時間、急な下りからようやく谷の底になる
無双洞辺りの沢に出てきましたが、そこでプチ遭難、、、
オマケに変なところに降りて上がるのに苦労しているのに
「そんな変なところ降りるからや!」と笑いながら
道を探すke-nさん!マジ力尽きそうです、、、
ようやく正規のルートを発見しホッとします。

大普賢周回コース、1

14:37
無事に無双洞に到着。

大普賢周回コース、2

いつも僕の被写体になってくれるke-nさん。

大普賢周回コース、3

冗談抜きで冷たく非常に美味しかった沢の水。
売り出せば儲かると思うのですが、、、

大普賢周回コース、4

アルミはしごがかかっているところが無双洞で洞窟内部から湧水が出ていました。

大普賢周回コース、5

それもかなりの量です。

大普賢周回コース、12

15:04
水簾ノ滝です。

ここから再び登りとなります。

大普賢周回コース、6

15:43
「もう勘弁してください」と、思うような鎖場。

大普賢周回コース、7

でも登らないとおうちに帰られないので
仕方なく登ります。

15:50過ぎ、底無し井戸に到着。

大普賢周回コース、8

「俺のカメラストロボ付いてへんねん!」と、
かなり自慢げに!?(笑)僕に底なし井戸の中を撮っておいてということで、、、
パシャリ!

大普賢周回コース、9

16:32

16:00に和佐又ヒュッテに戻る予定でしたが

大普賢周回コース、10

結局17時過ぎに帰ってきました。

大普賢周回コース、11

帰ってきて早々、和佐又犬に食べ物をねだられるke-nさん!

ke-nさんと色々山を登らせていただきましたが
今回の周回コースは、冬の伊吹山に匹敵するくらいきつかったです!
ke-nさんに「またいずれこのコースをトライしますか?」
とたずねたら「いや、、、」との答えでした、、、(苦笑)

でもめげずに頑張ったという達成感はひとしおでした(笑)

明日は登山初挑戦の悪友二人と、ずっと日曜日雨で延期が続いた京都の愛宕山に登ります。
その名も"55登山倶楽部"と、ke-nさんが勝手に名前を付けてくれました(笑)




大普賢岳周回コースに挑む その2
周回コース、1

12:10
休憩後急な鎖場を降りるとすぐに、第60番靡きの「稚児泊」にでます。 

周回コース、2

ふさふさの髪の毛のような感じは
まるで僕にイヤミをいっているような感じです、、、

周回コース、3

周回コース、4

12:22
振り返ると小普賢、日本岳がよく見えます。

周回コース、5

これからあの下の谷まで降りるんやなぁ、、、(汗)

周回コース、6

順調、順調!

周回コース、7

12:39
七つ池に到着。

周回コース、20

池と言いながら水はなさそうです。
変に深い窪地で下まで降りる気になりません。

周回コース、8

鎖場をよじ登り、、、

周回コース、9

ちょっと怖い渡り橋を渡ると

周回コース、11

13:01
七曜岳に到着、しかし山頂の岩には大量の羽蟻が群がっており
虫嫌いのke-nさんは、「もう行くで~」とさっさと立ち去ります。

周回コース、10

僕は羽蟻にまとわれ付かれながらバリゴヤの頭とオソゴヤの谷を撮影。

周回コース、12

七曜岳を出発するとすぐに分岐点に出ます。
もちろん和佐又方面ですが、7,2kmとなっています、、、
「7,2km」っておかしいんちゃいますの?

しかしここから無双洞まで劇下りが待ち受けていました。

周回コース、13

大方予想はしていましたが、、、

周回コース、14

下る!

周回コース、15

13:22
下る!!

周回コース、16

、、、

周回コース、17

延々続く劇くだりがつづき、途中で撮影も嫌になり、
無双洞までぼやきながら降りていきました、、、(苦笑)

                 つづく



番外編 台風18号、淀川の状況
今日の台風18号の大雨により各地方に甚大な被害をもたらしました。

淀川も今までに見たことのないくらいの水かさになっていました。

淀川

今日の仕事の帰りにスマホで撮影した寝屋川太間公園、
いつも夕日撮影をする場所なんですが
今はとてもつらい状態になっています。

今回の台風18号で
この上流の八幡市、更に上流の桂川、嵐山では大氾濫を引き起こしました。

太間公園

8月28日太間公園にて

やはり地球温暖化によって歯車が狂ってきているのでしょうか?


大普賢岳周回コースに挑む その1
9月11日、ke-nさんと大普賢岳から七曜岳へと回るコースへ行ってきました。
これが結構きつかったです、、、(苦笑)

いつもながら詳しくはEOS Photograph Library ke-nさんブログにて、、、(手抜きです)

大普賢周回、1

7時前に和佐又ヒュッテに到着、
駐車料金を支払いにロッジに行くと「登山届けも出してね」との事。
二人の名前と住所を書き7時に出発して16時には帰ってくる予定で
届けを出し準備をして整ったのが7時20分いざ出発です。

この日は二人にとって珍しく見事な快晴!でしたが、、、

大普賢周回、2

7:22
去年初めて大普賢岳に登りましたがとてもきつかった印象があります。

大普賢周回、3

7:42
頂上まで2,4km。そんなもんでしたっけ?

出発するや否やke-nさん「調子悪いなぁ」を連呼。
「まだ出発したばかりですやん、、、」

大普賢周回、4

8:15
シダの窟に到着。

大普賢周回、5

8:25
朝日窟に到着。

大普賢周回、6

8:29
笙の窟(しょうのいわや)

4つ目に鷲の窟がありますがそのまま素通り。

ここから大普賢アタックのきつい登りが現れます。

大普賢周回、7

8:52
日本岳のコルに到着。
あれだけ快晴だったのに物の見事に濃い霧の中に包まれる始末、、、

大普賢周回、8

僕ってそんなに悪いことしましたか~?(涙)

大普賢周回、9

大普賢周回、10

8:59
連続階段を越えると石ノ鼻という絶景ポイントがあるのですが
濃いガスと羽蟻の大発生で何も撮らず通過します。

大普賢周回、11

9:33
大普賢の登りにある橋から小普賢を撮影。
殆ど何も見えません、、、

殆ど垂直に近い大普賢の登りはでは下を見ると深い谷底しか見えませんでしたが
今回は濃いガスのお陰で?何も見えないので高所の恐怖感は半減です(笑)

大普賢周回、12

そして10:04大普賢岳山頂に到着。

大普賢周回、13

ここで気づいたのが、濃いガスは何故か和佐又、大台ケ原方面のみで
山上ヶ岳、稲村ヶ岳方面はガスってはいますがよく晴れています。

大普賢周回、14

紅葉早いシロヤシオの葉。

頂上でしばし休憩をし大峯奥駈道を西へ進みます。

大普賢周回、15

大台ケ原方面は相変わらず濃いガスの中です、、、

大普賢周回、16

ガスの切れ間より大普賢が顔を出していました。

大普賢周回、17

頼むから晴れてくれ~

大普賢周回、18

10:47
水太覗きでは絶景が見えるとの事ですが、、、

大普賢周回、19

10:58
弥勒岳通過。

大普賢周回、20

11:07
登頂が非常にきついといわれるバリゴヤの頭が真横に見えます。

大普賢周回、21

11:50
ようやく昼ごはんを摂ります。
少し休憩を取って出発すると

大普賢周回、22

いきなり急角度の鎖場が現れます、、、(汗)

     つづく
昨日の夕焼け
ここ最近、異常気象が続く日本列島、
昨日も激しい雨に見舞われた大阪でしたが
夕刻時不気味な空に染まっていました。
慌てて家の裏で撮影した夕焼けです。

黄昏時、1

黄昏時、2

黄昏時、3

黄昏時、4

美しい空と言うよりも本当に不気味でした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。