プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法華寺、海龍王寺再び、不退寺、1
この間法華寺、海龍王寺のデーターが全て消え、
しばらくネタもなく苦労していましたが、
「こうなったらもう一度行ってやれ!」と思い
先日不退寺を含めて行ってまいりました。
しかし二週間後再び訪れるとは、トホホ、、、
今日は法華寺をアップします。

法華寺、奈良市平城京跡の東にあるお寺ですぐ近くに海龍王寺があり
もちろん同時に訪れることをオススメします。

法華寺、10

本堂(重要文化財)、本堂内には国宝、十一面観音像が安置されています。
境内の植物が二週間前より花を咲かせていました。

法華寺、11

ギョウリュウバイ、多分初めて見たと思います。
その横には、

法華寺、12

グレビリアが咲き始めています。

法華寺、13

鐘楼と本堂。

法華寺には法華寺庭園ー江戸時代前期の作庭があります。

法華寺、1

サンシュが綺麗に咲いていました。

法華寺庭園は次回に続きます。



スポンサーサイト
リニア鉄道館
先日の日曜日友人Iさんと愛知県にある
トヨタ博物館とリニア鉄道館に行ってまいりました。

トヨタ博物館は去年と内容が同じなので
今回はリニア鉄道館、新幹線車両をアップします。

ちなみに友人Iさんは鉄道に全く興味がないので
リニア鉄道館は半ば無理矢理連れて行くことにします(笑)

名古屋市金城埠頭にあるリニア鉄道館、
トヨタ博物館を先に行きましたのであくまで推測ですが
大阪から約2時間で行けるハズ、、、(曖昧、、、)

リニア鉄道館、1

最初に展示されている鉄道はC62 300X 超電導リニアが展示されています。
それぞれ当時の世界最高速度を記録した車両です。

そしてそこから奥に進むと

リニア鉄道館、6

思わず「お~!」と、声を上げてしまいました。
まさに1/1スケールの鉄道模型。
一両一両じっくり見ていきます。

リニア鉄道館、2

3月16日に引退した300系電車。初の270km/h運転を実現、
東京ー大阪間を2時間半で結びました。
初代「のぞみ」の300系、「鉄仮面」の愛称で親しまれました。

リニア鉄道館、4

悲運の国鉄型100系電車。新幹線初の2階建て電車。
民営化前、当時の国鉄が置き土産として製造した車両。しかし300系の登場により
走行性能的に0系と大差ないレベルの100系は高速ダイヤに対応出来ず
殆どの車両が天寿を全うできずに廃車。
一部短編成化され山陽新幹線の「こだま」として細々と走っていましたが
300系と同じ日3月16日に全て引退しました。

リニア鉄道館、5

国鉄型0系電車。元祖新幹線車両。
この車両に思い出深い人はたくさんいるはず(笑)
世界ではじめて200km/hを超える営業運転を達成。
新幹線電車で一番好きな車両でした。
もちろん今は全て引退しています。

リニア鉄道館、3

新幹線電気軌道総合試験車922形、と言っても
ピーンと来ないと思いますが「ドクターイエロー」
と言えば分かる人も多いかと思います。
線路のゆがみ具合や架線の状態、信号電流の状況などを検測しながら走行し、
新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用車両。
非常に人気が高いゆえ、走行時刻表が一切非公開とのこと。
もしお目にかかれたら「幸せになる」と言われていますが、、、

今回は新幹線車両を中心にアップしましたがもちろん在来線車両も
美しく整備され展示されています。
鉄道に興味がなくとも機会があれば一度訪れてみてください。
ちなみにこの日午後三時半頃に訪れましたが
春休みと重なってすごい人でした、、、

最後に、、、

C62

非常に美しかったC62型蒸気機関車。
是非動態保存で復活を!


久々のブログ更新ですが、、、
先日愛知県のトヨタ博物館、リニア鉄道館に行ってまいりました。

トヨタ博物館

トヨタ博物館は去年アップしたので
今回は鉄道ネタばかりですがリニア鉄道館をアップします。

今日は疲れたので予告だけでスミマセン、、、

ネタなしでも、、、
ネタなしでも実はオタクネタは豊富なんです!(苦笑)
今日もオタクネタで!?何とかアップしました。

今年1月23日に伊丹空港に就航した最新鋭旅客機
ボーイング787、(以下B787)を先月撮りに行ってきました。

いつもの空港横にある撮影場所に行くと
既に熱は冷めているのか、なんと飛行機撮りは二人だけ、、、
もう既に撮り遅れの空気が漂っていましたが
僕自身、B787を目の前で見るのは初めて!
もちろんウキウキ気分です!(笑)

数本の飛行機をやり過ごすと、いよいよB787が
離陸に向けて誘導路を進みます。

B787、

特別塗装のANA、B787。

実際、目で見るまでは写真等で見る限り
「ちょっと格好悪いかも、、、」と、
思っていましたが、、、、

B787、3

実際見ると、「結構格好いいやん!」
さすが最新鋭機、ロールスロイス製ジェットエンジンも
消音対策されていて離陸時も結構静かでした。

満足満足で撮り終え、気付けば数人に増えていた飛行機撮り、
しかし彼らは帰ろうとはしません。
僕も流されるように他の飛行機を撮りながら約1時間、
なんともう一機エプロン(飛行機を駐機する場所)で
待機しているではないか!皆さんはこれを待っていたのね。

B787、1

出てきた!ANAカラーのB787!

B787、4

僕は特別塗装のANAカラーの方が好みですが
今後は全て一般ANAカラーに統一されるのですね。

B787、2

ロールスロイスのロゴマークが誇らしげです。
ついにネタが尽きてしまいました、、、
とうとうネタがなくなってしまいました、、、(汗)
しばらくは全ブログからよりぬき写真を一枚ずつアップする予定です。
いつも楽しみに見ていただいている皆々様、心よりお詫び申し上げます。

観音寺、菜の花

京田辺市、観音寺、菜の花

来週日曜日は愛知にある一度訪れたトヨタ博物館と
初のリニア鉄道館に行ってまいります。
自動車ネタと電車ネタになりますがご期待ください!(笑)



光明寺
これまたボツネタ、お蔵入りになった京都左京区にある光明寺です。
訪れたのは去年の暮、多少残っている紅葉を狙いに行ったのですが、、、

光明寺、5

紅葉どころかもうすぐ正月前、多量の落ち葉を
綺麗に掃除をしていました。
かなり落胆しながら境内を歩きます。すると、、、

光明寺、1

一部のもみじが今が全盛の状態で色づいていました。

光明寺、3

割と広い境内は観光客が殆どいません。

光明寺、2

ここは紅葉全盛期のときは本当に綺麗でしょうね。

光明寺、4

今年は写真を撮りに行くぞ~!(笑)

オマケ、この日、実は光明寺を訪れる前、大山崎で
撮り鉄をしていました。そこで咲いていたサザンカを撮影。

大山崎

空が青いぜ!(笑)

更にその夜は悪友と暗峠で夜景を撮影。

夜景

とっても美しかったぜ!


梅は咲いたか?
今週の月曜日、家の近所にある山田池公園に
梅を撮りに行ってまいりました。

その前に、、、
実はこの日、朝早くから大山崎で鉄撮りをしてきました。

急行きたぐに

この電車も3月16日で廃止するきたぐに。
大山崎に着いたのが午前7時半、それにもかかわらず
既に十数人のオタクがカメラを持ってきたぐにが通過するのを
待っていました。「こいつらよっぽど暇やねんな!」
(人のこと全く言えません、、、)
最初で最後のきたぐにの撮影にワクワクして待っていたら
「………おいおい快速よ!覆いかぶさってどないすんねん、、、
それも同じ速度で走りやがって!」あきれ果てるもとにかく撮るしかないので
泣く泣く撮った一枚、、、残念です(涙)

その後、休日の会社で愛車を洗車しながら「その後さあどうしよう」と、
ふと思い出したのが、山田池の梅でした。
先日、密かに月ヶ瀬に梅を撮りに行きましたが
殆ど咲いてず見事に撃沈!苦い記憶がよみがえるも
「まだ近所やし大丈夫やろ!」と行ってきました。
会社から山田池まで約10分、それまで見事な青空だったのに
気付けば雪雲が空一面を覆っています。「………」
駐車場に車を停めて梅林まで歩くこと同じく約10分、
梅は見事に満開です。「とりあえずお日さんが出るまでは、、、」
と、お日さんが出るまでポイントを探します。
しかし時々雲の隙間からお日さんは顔を出しますが
相変わらず青空は見当たりません。

我慢すること約15分、ようやくお日さんと共に青空が
出てきました。

山田池、梅花、1

山田池梅林、33種300本あるらしいです。

山田池、梅花、2

この日は結構寒風が強く日が当たると多少暖かいですが
雲に陰ると途端に寒さが身にしみる状態でした。

山田池、梅花、3

とりあえず晴れているうちに撮りまくろう(笑)

山田池、梅花、4

メジロの姿も探したのですが、

山田池、梅花、5

この日は全く見当たりませんでした。

山田池、梅花、6

この頃、西の空を見るとモクモク黒い雪雲が迫ってきてます。

山田池、梅花、7

とにかくがむしゃらに撮りまくった一日でした(笑)

山田池、1

猫もマンホール暖かいのか上で寝っ転がって日向ぼっこ。
しかしその後、案の定雪雲が一面を蓋い、青空すら見えません。
雪が降り始め時は既に車の中!(笑)

その後、用事を済ませその足でいつもの枚方大橋で夕焼け狙い。

黄昏

大満足!(笑)


秋篠寺
昨日、ブログのネタ探しに奈良の法華寺と
海龍王寺に行ってまいりました。
両方のお寺を撮影終了後、隣の畑の菜の花を撮ろうとカメラの電源を得れると、
「カードが不良ですもう一度入れなおすか交換するか初期化してください。」
と、画面に現れます!
「はぁ?」と、思いながらも何度入れなおしても同じメッセージが出ます(汗)
「やられた!!カード壊れてもうた、、、それも全て撮り終わった後に、、、」
そうです。初のカード不良!非常にショックです、、、(涙)
今までの写真が全てパー!!(汗)

法華寺、菜の花

今日撮りに行った梅ネタを除いて当分のブログネタは蔵出となります、、、

去年の晩秋、奈良の"秋篠寺"を訪れました。が、
結局ボツネタになってしまいお蔵入りになりました。
でもなかなか趣のあるお寺です。秋篠寺

秋篠寺東門より入り玉砂利の長い参道を歩くと
時々玉砂利の踏みしろの感触と違う感覚が足元からします。
「なんや?」とよく見ると一面にドングリが転がっていました。
踏むのはかわいそうですが避けて歩くのは非常に困難なくらい
一面に転がっていました。

秋篠寺、6

実は食べると美味しいらしいドングリ、
しかしアク抜きが非常に大変らしいので
今は殆ど食べないとのことです。

玉砂利の参道を歩き進むと一面の苔のじゅうたん、苔庭が出てきます。

秋篠寺、1

これ、雨が降っていたら最高なのにな、、、
しかしこの日はカラカラの苔じゅうたんです。

秋篠寺、2

これから雨風に耐えて大きくなれよ!
しかしこの樹の名前なんでしたっけ?(苦笑)

秋篠寺、5

手入れが隅々まで行き届いていますね。

そして苔庭を抜けると秋篠寺本堂が見えてきます。

秋篠寺、4

国宝"秋篠寺、本堂"
堂内には本尊薬師三尊像(重文)を中心に、十二神将像、
地蔵菩薩立像(重文)、帝釈天立像(重文)、伎芸天立像(重文)などを安置。
もちろん堂内撮影は禁止です。

秋篠寺、3

このお寺のメインはどうしても苔になってしまうかも、、、

なんか納得のいかないまま秋篠寺を後にします、、、
もう少し工夫して撮影しなければいけないですね!
まだまだ勉強です!(笑)

次回は今日撮影した近所の山田池の梅林をアップします。


日本海 廃止
ついにネタがなくなりました。
今回は僕のもう一つの趣味の撮り鉄写真です!(笑)

ここ最近、今月3月16日に廃止される寝台特急"日本海"を
撮りに走り回っていました。
30年ほど前、空前のブームになったブルートレイン、
昔はカメラなんて持っていなかったので
ブルートレインを撮りに行くことなんかもちろん皆無
もっぱら親に買ってもらった本や雑誌で目を輝かせていました。
昔から大の鉄道ファンでしたが
撮り鉄は恥ずかしさで遠慮がちだったのですが
最近はその羞恥心はどこかに飛んで行き、
思い立ったら即行動で写真を撮っています。
正直もっと前から行動していたらと後悔するばかり、、、

その肝心な内容のブルートレイン日本海、機関車はローズピンクのEF81
(ke-nさん、パーイチに聞き覚えがないでしょうか?笑)
トワイライト色のパーイチもいいですが日本海はやっぱりローズピンクですね。
日本海は今も細々と走っていましたがさすがに現代のニーズに合わず
消え行く運命になりました。今後は臨時列車として残るらしいですが、、、
今回はその日本海をアップしてみました。

日本海、1

塚本駅にて

日本海、2

新大阪~大阪

日本海、3

湖西線大津京駅

日本海、4

湖西線大津京駅

日本海

新大阪駅
団子さん、若かりし時、これに揺られて北海道まで行ったのですね!(笑)

日本海、5

新大阪駅、2

日本海、6

新大阪駅、3

京都駅、日本海

京都駅にて、

僕はブルートレインに乗車したことはありません。
でもまた一つ国鉄時代からの生き残りが消えると思うと
寂しい限りですね、、、

次回は内容をガラッと変えて去年秋にアップし損ねた"秋篠寺"を予定です。


冬の登山、三峰山 その5、竜鎮の滝
僕の「夕日を撮ろう」のわがままで室生ダムまで来ましたが
全然いいロケーションが見つかりません。
地図上の室生ダムの隅に"竜鎮の滝"と書いてあります。
とりあえずその場所に向かいました。
すると「竜鎮渓谷」の案内板があります。

もう既に辺りは薄暗くなっています。
何処まで歩くのか?どれくらい歩くのか?全くわからない状態で
渓谷入口の前でためらっていたら、
一台のモトクロスバイクがなんのためらいもなく
滝方面に走っていきました。
それを見て二人とも「………とりあえず行ってみるか、、、」
準備をして竜鎮の滝を目指します。
歩き始めてすぐに地元のおじさんが渓谷から歩いてきます。
おじさんに「滝までどれくらいですか?」と聞くと
「すぐそこやで!でも滝というか、、、」と、
あまり期待できない答えが返ってきます。

渓谷入口から徒歩3分、竜鎮の滝に到着。

竜鎮の滝、1

昨日降った雪が滝の遊歩道に残っておりこれがまた
滑りこける恐怖をあおります。
いつもながらスリッパでうろうろしているke-nさん!
大事なカメラと共に滝つぼに落ちたら駄目ですよ!(笑)

竜鎮の滝、3

規模は小さいながらも風格のある竜鎮の滝、
ke-nさんのお気に入りの滝の一つになったかも!(笑)

竜鎮の滝、4

今日は素直に夕焼けあきらめます!(苦笑)


追伸、ここ最近ずっと鉄撮りに夢中だったので
実は次回以降のネタが完全につきてしまいました(汗)
しばらくは蔵出し写真で補います。




冬の登山、三峰山 その4 下山
三峰山、1

名残惜しい八丁平を後にして新道峠経由で下山します。

途中ke-nさんが「高見山が見える」と撮影しました。
僕なら完全に見落としていました。


三峰山、2

「しかしこの間、あんな高い山に登ったのね」
と、心で感心するワタクシ。
この後、途中写真を撮りながら黙々と下山開始です。

三峰山、3

実は地理も大好きなワタクシ!中央構造線の文字を見て
多少興奮!皆さん、中央構造線をご存知ですか?(笑)

その日本最大の断層、中央構造線上の登山道を下山します。

三峰山、4

しかし下山道もこれまた美しい!

三峰山、5

途中足跡が全くないヒメシャラ群生地にも
雪道を突進して撮影!(笑)

三峰山、7

新道峠を通過、ここから高見山にも行けますが、、、

三峰山、6

三峰山、8

この後、カメラは持ていましたがさすがに撮るものは殆ど無く
長い杉林をひたすら下りようやく林道が見えてきました。
しかしこの林道がまたダラダラと長く、
ブツブツボヤキながら林道を下ること約30分ようやく先が見えてきました。

三峰山、9

林道入口でドラゴン雪だるまがお迎えしてくれました。

青少年旅行村駐車場に午後2時前に到着、約6時間の行程でした。

その後、みつえ温泉姫石の湯で汗と疲れを流します。

この後、日はまだ高くもちろん夕焼けの気配あり。
もちろん物足らないワタクシ、
ke-nさんに「もちろんどこかで夕焼けも狙うんでしょう!」と、打診します(笑)
温泉の隣には観光案内があり、パンフレットを頂き
探した次の目的地が室生ダムと決定。

この後、果たして夕焼けは撮影できたのでしょうか!?(笑)

                    つづく
冬の登山、三峰山 その3 八丁平
三峰山頂上から南へ程近くの場所に八丁平という平原が広がっています。

三峰山、3


この場所は今までの周りは樹氷だらけと違って
雪の平原が広がる素晴らしいところです。
ちなみにこちら側は三重県です。

ここで昼ごはんを撮り、再び撮影開始。

三峰山、1

多少雲が出てきましたがそれでも最高の撮影タイムでした。

三峰山、5

三峰山、6

三峰山、8

樹木たちは極寒の冬を乗り切り、
これから訪れる春を静かに待っています。

三峰山、4

この場所は時間が許す限りいつまでも撮影したい、
そんな場所でした。

三峰山、7

つかの間の至福の時、同じような写真を撮りまくる
ke-nさんと、僕!(笑)

三峰山、10

三峰山、11

三峰山、12

今回の撮影は大満足です!(笑)

                  つづく
冬の登山、三峰山 その2 山頂まで
三峰山、1

ke-nさんに「空はこんな紺色じゃない!夜とちゃうで!」と
一喝されているにもかかわらず、
これでもか!と言われる紺色が大好きなワタクシ!(爆)

三峰山、3

最高な天候、最高な好条件なので何でもかんでも
撮りまくります。

三峰山、2

三峰山、4

三峰山、5

「どうせ夜のような空を撮ってるんやろ!」と、
僕が空を向いて撮影する姿を撮られたときの写真です!(笑)ke-nさん、ブログ

三峰山、6

山道もいよいよ山頂が近づいてきました。

三峰山、10

ふもとの駐車場もあんなに遠く見えます。

三峰山、9

そして午前10時過ぎに三峰山山頂到着。

三峰山、7

ここまで登ると景色を遮るものは何もありません。
見えるのもすべてが素晴らしいです。

三峰山、8

写真には撮っていませんが遠く奈良盆地もよく見えました。

山頂で突然ke-nさんが「あの人知ってる!」と、言って
その方にお声をかけていました。
その方はke-nさんがいつも見ているブログの筆者の方で
偶然にも同じ日に同じ山を登っていました。
後、5分、10分時間がずれていたらこの出会いはありません。
yamaフォトライフ COOPERいつも夫婦で登山をエンジョイし
尚且つ写真の腕前は本当に上手で、参考になるものを、、、
と、よくブログを観させてもらってます。
出会いって本当いいですね。

                つづく


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。