プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県大津市坂本の寺院、3 日吉大社
今週は仕事が忙しく、更に風邪を引いてしまって
言い訳がましいですがブログの更新進んでいません、、、
後、いまだに体調が芳しくありません、、、(汗)

溜まりに溜まっている紅葉の記事はこれで越年確定でございます(苦笑)

喫茶店で腹ごしらえをして次に訪れたのが
日吉大社でございます。
車では何度も前は通ったことはありますが
実際訪れたのは今回が初めてでした。

日吉大社、1

ところが家に帰って日吉大社の写真を見てみたら

日吉大社、2

「、、、?日吉大社で紅葉の写真、殆ど撮ってへんし、、、」
そうです。日吉大社では何故か紅葉の写真は殆ど撮られてなかったのです。
人が多すぎたのと、西教寺の紅葉が素晴らしかったので
無意識に自制心が働いたのでは!?(苦笑)

日吉大社、3

本堂横のイチョウが見事でした。

日吉大社、4

う~、どこでも撮れるような写真、、、

そしてその後坂本駅へ戻る途中に立ち寄った「滋賀院門跡」です。

滋賀院門跡、1

滋賀院門跡、2

もちろん紅葉は見事でしたが参拝客は殆どいません。
わざわざ有名所で紅葉撮影に苦労するよりも
"灯台下暗し"の寺院の方がかえって美しいかもしれませんね!(笑)

もちろんこの後は坂本駅に向かいます。

京阪坂本駅

そのホームで待っていた電車は"ガンダム電車"、、、
普通の電車はあらへんのかいな、、、(もちろん帰りの電車も"けいおん"(涙)


            越年確定のつづくです、、、(苦笑)

いつも僕のブログを見ていただいているお客様、
今年も飽きずに「気ままに写真館」をご覧頂きありがとうございました。
来年はより腕を上げて行きたいなぁ、、、と思ってますので(苦笑)
今まで通りのごひいき宜しくお願いします。
では、良いお年を、、、          express55
スポンサーサイト
滋賀県大津市坂本の寺院、2
ブログの更新全く進みません、、、(汗)

で、ここしばらくはネタが豊富な紅葉の写真をアップします!(苦笑)

前回の続き、今回は"西教寺"をアップします。

旧竹林院庭園を出て、徒歩で次の西教寺に向かいます。
ke-nさんが「腹が減ってきた!」と言うことで
向かいながら食堂を探したのですが見当たりません。
と、しばらく歩いていると地元の喫茶店を発見、
正直この手の喫茶店は当たりハズレが多いので
喫茶店を尻目に通過、西教寺に向かいます。

旧竹林院庭園より歩いて約10分、西教寺前に到着。
その前に西教寺正門正面にある西教寺塔頭安養院聖天堂に参ります。

西教寺塔頭安養院聖天堂

有名なお寺の真隣にありながら何故か誰もいない境内。
紅葉が見事でした。
観光客は有名どころで十分なのですね!(苦笑)

そしてようやく目的地西教寺。

西教寺,1

皆さん思い思いに写真を撮っています。

西教寺、2

参道を歩くと見事な紅葉です。
撮影しようと人が途絶えるのを待ち続けましたが
あちらこちらから出てきます。
シビレを切らして歩き出すke-nさん(笑)
まあ、仕方がないですね、、、

西教寺、3

あちらこちらにお猿さんがお寺を見守っています。

西教寺、4

ke-nさんの大好きな瓦と紅葉、これがなかなか上手に撮れません、、、(汗)

西教寺、5

それと三羽の雀の紋と親子ザル。

西教寺、6

高台にある西教寺からは琵琶湖がしっかり見えます。

西教寺、7

見事だった西教寺の紅葉、見ごたえがありましたね!(笑)

そして西教寺での写真を撮り終え、二人ともハラヘリはピークに達し
高台から琵琶湖を見下ろすと大型スーパーらしきものが見えています。
「あそこに行って飯でも食いますか?」
でもスーパーまで歩くのが大変!お互いトボトボ歩く中
先ほどの喫茶店が見えてきました。
「さっきより客が入ってますやん!」と駐車場が満車になってますし
ハラヘリには勝てないので仕方なく入ってみることに。
すると、これが近所のオジイの憩いの場所になっています、、、
「アッチャー!」完全なハズレが頭を過ぎります。
もう腹が限界なので喫茶店定番のオムライスを注文。
待つこと約5分オムライスがやってきましたが
これがまたボリュームがあり、一口食べてみると
これがまた美味しいではないですか!
後、コーヒーも頼んで満足して喫茶店を出ました。
地元の喫茶店のオーナー様、ボロッカス言ってスミマセン、、、

次回は出来れば明日更新予定です、、、(明後日は更新出来ない為、、、)


滋賀県大津、坂本、1
11月27日、大阪では大事な知事選挙がありました。
内容は皆さんご存知の通りですが、
この日、選挙に行った後、さてどうするか!
ke-nさんが「投票終ったら日吉大社に行かへん?」
と、前日に連絡があり、もちろん僕は「行く!行く!!」の返事。

そして当日、朝早く投票を済ませ、枚方駅にAM8:30分に集合。
そこから特急で参上まで行き、京阪京津線(けいしんせん)と乗り入れしている
地下鉄に乗り換えました。
そして御陵駅(みささぎえき)から地上に上がります。
少しオタク話になりますが、京阪京津線は地上時代
蹴上駅付近では碓氷峠並みの急勾配を登る電車で有名でしたが
地下化によってその急勾配も過去の記憶となりました。

今でも逢坂山を越えるのに急勾配は残っていますが
蹴上駅付近の急勾配ほどではありませんが乗っていて
非常に楽しいです。
そして京阪全線で唯一のトンネルを抜けると
いよいよ浜大津駅になります。
浜大津に入る約500mはなんと道路併用軌道で
4両編成の電車が道路の真ん中を走ります。
ようやく浜大津駅に到着。
ここから京阪石山坂本線に乗り換えですが
乗り換えの接続が悪く約7分後に坂本行きが到着。
すると、「なんじゃ!この電車は!!」と、やってきた電車は

京阪600系

「けいおん」というアニメは知ってますが
なんじゃこれは、、、どおりで一般の乗客に混じって
焦点の定まらない方々も多いなあ、、、と、思ったら、、、(汗)
電車に乗り込むと車内も「けいおん」一色、、、
焦点の定まらない方もこのときとばかりに
車内で写真を撮りまくります!
丁度すれ違った電車は「日本昔話」でした。
「僕はあっちの電車がいい、、、」と本音がポロリ、、、
そして、色々な方々を乗せてようやく坂本駅に到着。

実は何故か帰りも「けいおん」電車でした。
そのときに撮った写真を最初にアップ。

坂本駅を出て日吉大社方面に歩きます。
あちこち写真を撮りながら最初の目的地、
国の名勝となっている旧竹林院庭園へ向かいます。

旧竹林院庭園、1

もちろん訪れるのは初めてでございます。

旧竹林院庭園、2

入口付近に吊るされているたくさんのひょうたん。
一体何に使うのだろう。

旧竹林院庭園、3

ke^nさんはすでに奥のほうでカメラの準備をしています。

旧竹林院庭園、4

もみじも綺麗にいい色になっていました。

旧竹林院庭園、5

なかなか見応えのある庭園ですね。

旧竹林院庭園、6

居間にはさりげなく柿が置かれていました。

旧竹林院庭園、7

思った以上に園内は広く撮り応えがあります。

そして何故か妙にはまってしまったこの撮影。

旧竹林院庭園、8

ke-nさんに「これはどのように写真を撮りますか?」
と尋ねます。
二人で色々試行錯誤しましたが、、、、写真は難しい、、、(汗)

旧竹林院庭園,9


次回はお隣の"西教寺"をアップします。

つづく
東吉野村、滝と紅葉巡り その、5 談山神社 
東吉野の紅葉の写真を撮り終え、お腹も減り
桜井方面に帰ってくる途中、国道166号線沿いの
道の駅、大宇陀でを摂るのですが、
店に入って椅子に座りふとズボンの裾を見ると
なにやら茶色いものが、、、「???」と
つまんで臭いをかぐと「、、、さ、最悪、、、」
そうです!どこで付けてきたのかはさっぱり分かりませんが
何故かズボンの裾にう○こが付いているではないすか!!(涙)
ke-nさんは冷たく「車に乗ったらアカンで~」と、、、
仕方なく代わりの部本には着替え、トイレでズボンの裾を洗う羽目に、、、
トイレに入ってくるオッチャンたちは不思議そうに僕を見るし、、、
そんなこんなで無事ズボンを洗い飯を食って気を取り直して
次の目的地、紅葉で有名な雨の談山神社に向かうことに!

まあ、有名どころなんで観光客の多さは覚悟していましたが、、、
駐車場も一番遠い場所に駐車し
雨の中、迷いながら何とか談山神社に到着。

人の多さに撮影もなんとなく集中力を欠き写真の大半に変なものが写っています、、、(涙)
その中で多少まともに撮れた写真が

談山神社、1

十三重塔、

談山神社、2

二枚だけ、、、(苦笑)

よっしゃ!こうなったらライトアップもするし
夜の部で頑張ろうか!と、気合を入れなおしたら
「次行くで~!」と、ke-nさん、ワタクシ全く物足らないのですが、、、(涙)

談山神社に向かう道中に通過した等彌神社(とみじんじゃ)を訪れることに。
こちらもライトアップされてたのですが訪れる人は
近所の方々らしき感じです。
しかし、先程の談山神社よりこの等彌神社(とみじんじゃ)の方が
写真を撮るには楽しかったかも(笑)
本降りの中、傘を差しながら撮影開始。

等彌神社、2

参道奥まで続く献灯が参道の端を照らし
献灯一つ一つに名前が書かれていて中のろうそくのゆらぎが
冷たい雨が降る中、寒さを忘れさせてくれます。

等彌神社、1

こじんまりした神社に見えたのですが意外に規模は多く
色々な社が集まって一つの神社になっています。

等彌神社、3

ライトアップの紅葉を撮るよりも
献灯の灯りに魅力を感じてしまうワタクシ、、、

等彌神社、4

しっかり降る雨の中、献灯に灯を入れる仲むつまじい老夫婦の傘二つ。
まさに僕の理想像なんですが、、、(涙)

等彌神社、5

燃えるような紅葉の中に映える石灯篭。
名所談山神社神社よりもこの等彌神社の方が
撮り甲斐があり雰囲気も非常に良かったです。
その後はもちろんスーパー銭湯"あすかの湯"で
裾に付いたう○こも流します!(笑)

帰りは僕の運転で帰路に向かいます。
もちろん鶴見区に着いたときには雨は止んでました、、、

東吉野村、滝と紅葉巡り その、4 東吉野村の紅葉
魚止滝を後にして再び下流の和佐羅滝入口近辺に戻ります。

そこで大又川の河原に降りていきます。
車を停めて真っ先にke-nさんが河原に下り
ドンくさい僕は慎重に下りていきます、が、
先におりたke-nさんが先の河原で2m程滑り落ちていました、、、
幸い河原だったので入水することはなかったですが、、、
気を取り直して、先客のオッチャンに挨拶をして撮影開始。

東吉野、大又川

水準器がないので写真が若干傾いてますがあしからず、、、

東吉野、大又川、1

紅葉のグラデーションがいいですね。

東吉野、大又川、2

いつもながらke-nさんと全く同じアングルも撮影!(笑)

更に下流に下ると丹生川上神社(中社)があります。

東吉野、大又川、3

その近くの橋で紅葉の写真を撮るke-nさん。

そして橋の下は川の合流地点ですが、すぐ先の上流では
あれだけ嫌いだった川が何故か茶色に濁っています。

東吉野、大又川、4

清流と濁流の合流。
最初「なんかの工事の影響かな?」と思っていましたが
ke-nさんの調べによると、先の流れ込む川での土砂崩れが影響しているようで、、、
一日でも早く清い川に戻りますように。

そして丹生川上神社(中社)に向かいますがこの神社、
後から調べたら実は"雨を司る水神"をまつる神社だそうで
後半雨が本降りになったのも僕がこの神社を訪れたのが原因かも、、、

境内を散策します。
すると彫り物のフクロウが僕を見つめます。

丹生川上神社中社、2

妙に気に入ってしまったフクロウ、愛嬌のある顔です。

丹生川上神社中社、1

これで今後は"不苦労"ですかね!?(笑)

丹生川上神社中社、3

この後更に下流に向かうと幕末の志士、吉村寅太郎が眠る天誅組終焉の地があります。

天誅組終焉の地

幕末の動乱の中、幕府を倒し、来るべき新しい時代のために命をささげた
20代前後の40人弱で構成されたメンバーです。
いまの若い日本人を見ていると、、、トホホです、、、(涙)

天誅組終焉の地,1

一面イチョウの葉が落ちていて非常に物悲しい場所でした。

この後、大宇陀の道の駅で食事をすることとなったのですが、
ちょっとしたハプニングが、、、(汗)

                           づづく
東吉野村、滝と紅葉巡り その、3 魚止滝
昨日ブログ更新すると言っていたのに、、、スイマセン、、、
もう紅葉が終ってしまうと言うのに
紅葉ネタがタンマリあります、、、(汗)
しかし今週も仕事が忙しいし、、、(涙)


和佐羅滝を後にして次に訪れたのが
大又川の上流にある魚止滝を訪れました。
道中に「七滝八壺」という名水百選の
ポイントもありますが
「奥のほうに小さな滝が段々にあるで~」とke-nさん
今回は一瞬車を停めてそのまま出発。
更にそのまま林道を進むと吊橋が見えてくると到着です。
後、周囲の紅葉も最高でした。

大又川 魚止滝、1

さっそく吊橋の上から魚止滝と紅葉を撮影。
橋を渡りきり魚止滝の側まで近づきます。

大又川 魚止滝、2

魚止滝、滝自体の規模は小さいですが
結構水量があり迫力がありました。
この後、魚止滝を正面から数枚撮りましたが
今現在、水平器がないので(3ヶ月前買ったその日に行方不明、、、)
適当に撮影してたらすべて傾いていました、、、(涙)

滝本体を撮影していたらke-nさんがなにやら
水面の撮影に夢中になっていました。
僕、「一生懸命何を撮ってはるんですか?」
ke-nさん、「この水面の落ち葉のグルグルを撮ってんねん!」
水面に広がる落ち葉が滝の側の淀みでゆっくりグルグル周ってます。
もちろん僕もke-nさんの横で撮ってみます。

大又川 魚止滝、3

台風のような落ち葉グルグルが撮れました!(笑)
僕は何枚かグルグルを撮って移動、
でもke-nさんはまだ頑張っています(笑)

大又川 魚止滝、4

渡ってきた吊橋と紅葉。

あちこち写真を撮って再びke-nさんを見ると
まだ水面のグルグルに夢中!(笑)
「納得がいくまで!」とあきらめないke-nさん(笑)
しばらくすると結局納得出来ずに断念されました(苦笑)

滞在時間約1時間強で魚止滝を後にします。
そして再び吊橋の上からモミジを撮影。

大又川 魚止滝、5

紅葉も遠くから見ると綺麗なんですが
近づくと「………」ということが多々あります(苦笑)

大又川 魚止滝、6

離して撮ると綺麗なんですが、、、

次回は帰路道中の紅葉をアップします。

               つづく


番外編、皆既月食
12月10日土曜日、皆既月食が見られました。
昨日悪友と今年最後のタチウオ釣りということで
例の如く神戸港に行ってきました。
今回は番外編なので詳細な内容は書きませんが
夕べはとっても寒く、尚且つ、あちこち場所を移動したにもかかわらず
結果は「ボウズ!」でした、、、
後、こんなに寒いのに以外や釣り人の多いこと、、、

そんな中、最後に場所移動した兵庫突堤で皆既月食を見ることに。

皆既月食

釣りそっちのけで撮影した皆既月食。
見事に赤銅色になっていました。

後、オマケで撮影した天体写真を二枚。
ノイズが非常に多く写真が見にくいですが悪しからず、、、

プレアデス星団

月の横で輝いていた小さな星の集団、"すばる(プレアデス星団)"

オリオン大星雲

そして、かの有名なオリオン大星雲ですね。

悪友も写真を撮る僕に慣れているのか「寒い、寒い!」
と、言いながらも釣に没頭。

結局今年最後のタチウオの顔は見られずじまいでしたが
久々に夜空を見上げて色々星の観察が出来ました。

今回は急遽皆既月食の番外編をお送りしました(笑)

今夜は東吉野村、滝と紅葉巡り その3をアップします。
ke-nさんと色々周ったネタがたまりにたまってますので
急ピッチでアップ予定ですが、、、出来るかな?(汗)


東吉野村、滝と紅葉巡り その2
いつもながらブログ更新サボっています(汗)

今日は和佐羅滝上部をアップします。

和佐羅滝、1

和佐羅滝最上部で落差30mのメインの滝です。
ke-nさん曰く「以前より水量が少ない」との事。
見応えのある水量の多い滝も見てみたいですが
しぶきが飛んでこないこの水量でも十分満足です。

和佐羅滝、2

最上部のモミジは終焉を迎えていました。

和佐羅滝、4

メインの滝を撮影した大岩から下部を写してみました。
こんな写真を撮っている人はいないと思いますよ!(笑)
この大岩から下方を見ると結構怖かったです。

和佐羅滝、6

さらにこの和佐羅滝はメインの滝を真横から観察出来ます。
今まで見てきた滝ではこのような角度で見ることが出来ませんでした。

和佐羅滝、5

長い年月をかけて滝が造った不思議な形の岩の彫刻、
これからどの様な形に彫っていくのでしょう。

不安定な腐葉土で埋まった滝の真横の上部で次のアングルを考えていたら
下から大きな声でke-nさんが「次行くで~!」と叫んでいます。
思わず「全然物足らないんですが、、、」と大きな声で答える僕。
いつもke-nさんより後手後手で撮影を開始するので
中途半端で尻切れトンボになってしまいます、、、(汗)
次回はke-nさんの先手を取るつもりですが!(笑)

オマケ

和佐羅滝、8

和佐羅滝の水が流れ込む"四郷川(しごうがわ)"
の紅葉です。

次回は四郷川上部の魚止滝をアップします。

                つづく

東吉野村、滝と紅葉巡り その1
先日、ke-nさんと奈良県東吉野村に滝と紅葉巡りに
行ってまいりました。
最近、行く所行く所で雨を降らせるワタクシ。
この日の天候も"曇り昼過ぎより雨"!
はいはい!又雨が降るのね!(汗)

いつもの鶴見の駐車場を朝5時に出発。
そしてもちろん朝一なので高速もいつもながら渋滞も皆無
順調に車を走らせ最初の目的地東吉野村の和佐羅滝の遊歩道の入口に到着。
そこから約30分歩くと滝が見えてきます。
滝は上、中、下と分かれています。
もちろん最初は下の滝からの撮影。

和佐羅滝、1

滝の周囲には今年の台風の被害で流木等が
かなり散乱してました。

和佐羅滝、2

下の滝の上部と奥に見えるメインの滝。
紅葉もいい感じで進んでいました。

和佐羅滝、3

秋は何故か哀愁漂うセンチメンタルな
気持ちになります。

和佐羅滝、4

今までの滝と違って色々な角度から撮れて楽しいです。

和佐羅滝、5

次に2番目の滝。
ここでは水流が二手に分かれています。
そして右手にはいつの時代からこの場所に
鎮座する、いい感じで苔むした大岩があります。

和佐羅滝、6
和佐羅滝、7


滝周辺の岩の上には落葉で染まっていました。

次回は和佐羅滝上部をアップします。

で、明日はke-nさんと、比叡山巡りをしてきます。

                  つづく
芦生の森、再び、2
雨は相変わらず降ったり止んだりで天候が優れません。
そして以前ke-nさんと訪れたとき"通行止め場所"と
勘違いした場所を通過します。

芦生の森、15

小さな沢を渡って対面に渡ります。
向こうに見える線路は今まで歩いてきた
遊歩道です。
もちろんこの先は僕にとっても未知の遊歩道です。

芦生の森、8

ブナ?と思われる樹々が細く長くたくさん伸びていました。
不思議にも密集してこの場所だけ生えています。

途中、お年を召した?山ガール約20人ほどの一行とすれ違います。
お年よりはホント若いですね!(笑)

芦生の森、9

コケも雨に潤います。

芦生の森、10

この小さな沢の流れはやがて由良川となって
日本海に流れ込むのですね。
そして雲となり雨となってまたこの地に戻ってくる、
まさに"輪廻転生"と言えるでしょう。
自然の素晴らしさを思う瞬間です。
そして出発してから約一時間半、ようやく"コヨモギ作業所"
と思われる場所に到着。

芦生の森、11

作業所と地図には書いていますが
作業所らしき小屋は見当たらず、分岐した線路は
杉の大木の前で途切れており
更に本線は先に続いています。
しかしその先まで行ったところで
時間オーバーのためこの先に進むのを断念。
雨が降りしきる中、その場で三人で傘を差しながら
立ったままスーパーで買ったおにぎりをほお張りました(苦笑)
正直休みなしでここまで歩いてきたのでお腹ペコペコ!
ある意味記憶に残る山の中のお食事でした。

芦生の森、13

食事を摂ったら後は行きの2倍の速さで
遊歩道を一気に歩きます。
しかしあれだけ降っていた雨。

芦生の森、14

帰るとなったらこんなに晴れるんかい!
僕はどこまで雨男やねん、、、(涙)

結構奥まで入ったので暗くなる前に駐車場に戻りたい、、、
急いで戻り約一時間かけて、
何とか午後5時前に駐車場に戻ってきました。

今回お供していただいたKさん、Uさんお疲れ様です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。