プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
霊仙山山頂へ
山頂を目指す途中、ke-nさんが小さな池を発見、
その池は山のくぼみにありその池にたどり着くまで
4回も滑りこけそうになり僕は撮影を断念、
ke-nさんは素晴らしい写真を撮影してました。

いよいよ目指すはあの頂へ
霊仙山登山、11

霊仙山登山、12

この登山道を幾人の人が歩いて山道となったのでしょうか?

霊仙山登山、13

AM11時過ぎ、ようやく霊仙山山頂へ、、、
と、よく見たら最高点!?つまりここは霊仙山山頂ではありません。
でも見晴らしは最高です。
手前に伊吹山、遠くに白山、さらには木曽の御嶽山まで(実は最初は正直富士山と勘違い、、、)
綺麗に見えてたのですが、何故か御嶽山は全く撮影せず、、、おおまぬけです(汗)
頑張って登ってきた甲斐がありました。

んでもって次に目指すは本当の山頂。
ke-nさんが「また降りて登らなあかんの~?」と
小言を聞いたような聞いていないような、、、(笑)

霊仙山登山、15

その山間に残っていた雪、その気になれば
スキーも出来るくらい残っているかな?

霊仙山山頂

11:40過ぎようやく本当の山頂へ
三角点をバックに伊吹山、白山を撮影。

霊仙山山頂、2

朝は寒風が吹いていましたが、山頂では風も殆どなく
気持ちの良い陽気でした。

経塚山

そして三つ目の山頂経塚山、
ここから下山ルートへ。
この後お虎ヶ池を撮影後ふもとにあった
小さな滝が幾つかあった沢までの約2時間
全然写真を撮っていません。

14:30約8時間かかってようやく最初の出発地点に到着。
ke-nさん今回のお供させていただき心より感謝申し上げます。
次回はもう少し低い山にしましょうね!?(爆)

おまけの一枚。
霊仙山山頂方向
ガイドさんを先頭に行列を作る登山ツアーのご一行様!
実はお年寄りばかりのご一行だったのにはびっくりしました。
僕もお年寄りに負けないように体力をつけなければ、、、(汗)
スポンサーサイト
福寿草畑
近江展望台から山頂へ向けて少し歩くと
いよいよ福寿草の群生地に入ります。
早速写真を撮ろうと下を見ると鹿のフンが至る所にあります。
ke-nさんに尋ねると、今は人がたくさんいるから
姿は見せないが普通にいるとの事、
今回は残念ながら姿は見えませんでした。

福寿草、1

福寿草、2

福寿草、3

石灰岩の間からけなげに咲く福寿草たち。
鹿のフンが写らないように撮影開始、、、

福寿草、4

福寿草、5

この二枚はke-nさんからお借りしたマクロレンズで撮影。
マクロデビューです!
自分では近づけて撮影したつもりですが、、、
全く普通の写真になってしまいました(汗)
でもマクロレンズは面白い!!(笑)

福寿草、6

福寿草の名前は知っていましたが
実際咲いているのを見るのは初めてでした。

福寿草畑

福寿草はこんな厳しい大地にたくさんの花を
咲かせていました。
約1時間半の撮影も終えいよいよ目指すは頂上へ!
まだ見えぬ頂上、、、
笹峠を後にして、あの眼上に見えていた山に登ります。

霊仙山登山、7

低い草木にカルスト地形、目指すはあの頂上!

霊仙山登山、8

先を行くke-nさん、この山の斜面が延々続きます。

霊仙山登山、9

残雪が残っています。周りの山々も所々に雪が残っていました。
今年は雪が多かったからなぁ。

霊仙山登山、10

笹峠より約30分、ようやく標高1006mの岩近江展望台に到着。
ここが頂上か!思ったのもつかの間、
標識をよく見ると近江展望台山頂あっち←てなってます。

ハイ!マジ山を舐めてます!!世の中そんなに甘くない!!

明日は、上記写真の丁度尾根の中腹あたりに群生する待望の福寿草です。

霊仙山に登ってみました。
先週の17日、ke-nさんと滋賀の霊仙山に福寿草の花を求めて
登頂してきました。
しかしここ最近、運動もまともにしていません。
ましてや先週の水~金曜日まで何処でもらってきたのか
地獄のノロウイルスでお手洗いとお友達状態でした。
一瞬、17日は延期か!とも思いましたが、土曜になって
ようやくお腹も落ち着いてきてke-nさんに
17日大丈夫!のご連絡を入れたはいいけど
撮影場所を何も決めていませんでした。
しばらくしてke-nさんより「4時間程度の山登りは大丈夫?」
とのお電話があり、「頑張ります!」と答えました。が、
よくよく病み上がりで大丈夫かな?と多少の不安がありましたが
なんとかなるでしょう!楽観的に考えて就寝。

僕の家の近くのコンビニに朝4時半に集合、登頂口6時半到着。
いざ登頂開始!

霊仙山登山、1
山の斜面にかつてあった廃村を通り抜け、
(と、いうかここに人が住んでたということが、
僕にとって不思議でした。)
いよいよ本格的な山道へ。

霊仙山登山、2

杉林の山の尾根を登るke-nさん。
これから撮影しながらの約10時間の登山が始まります。

霊仙山登山、3

サルノコシカケ科?のキノコ

霊仙山登山、4

笹峠付近です。この手前あたりから眼上に
標高の高い山が眼に入ってきます。
まさかあの山には登らないだろうと思っていましたが
この笹峠に立つと、「あっそう、やっぱり登るのね、、、」
と、もう一回気合を入れ直します。

霊仙山登山、5

寒風が残る中、地面では確実に春はやってきています。
ke-nさんと何の若葉だろうと話ししながら撮った写真、
実は猛毒のトリカブトでした。
しかし秋口には綺麗な花を咲かせるようです。

霊仙山登山、6

笹峠を抜けると一変、山に生える木々は殆どなくなり
ごつごつした石灰岩と、低草木が生える山に。
例の標高の高い山に登頂開始です。
この時点で全工程の1,5分くらいですね。

正直まともな山登りなんてここ二十年弱記憶にありません。
格好も全くの普段着で(以後ナメた格好!)で登ることに!!(汗)
詳しくはke-nさんのブログにて!(笑)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
EOS Photograph Library

次回つづきはあさっての予定です。
京都最終回
京都シリーズの最終回、黄昏時です。

陽も傾きかけた頃、三条駅前で帰ろうかどうしようかと
迷ってました。しかし足は勝手に高台寺方面に向かっています、、、

高台寺に到着すると、すでに数人のカメラマンが待ち構えていました。

高台寺、黄昏、1

高台寺、黄昏、2

僕は夕焼けオタクです、、、

高台寺、黄昏、3

八坂の塔、黄昏、1
八坂の塔にも夜のとばりが降りてきました。

八坂神社、黄昏
八坂神社の夜店も今から書入れ時ですね!

明日から先週ke-nさんと一緒に登頂した霊仙山の予定です。


桜は散っても、、、
この2日間の雨、風で桜の花も殆ど散ってしまいました。
でも!まだ京都桜散策の写真が残っているので
続きをアップします。

今日は知恩院です。

知恩院、桜、1
阿弥陀堂

知恩院、桜、2
本堂と桜

知恩院、桜、3
知恩院本堂の巨大な屋根瓦
知恩院ーwikipedia
興味のある方はwikipediaで知恩院を見てください!

知恩院、桜、4
知恩院の忘れ傘。見つけられましたか?(笑)
これも、上のwikipediaに載ってます。

知恩院、桜、6
当然、何処に行っても桜はあります。

知恩院、桜、5
三門

知恩院、桜、7

この三門が今回特別拝観していたのですが
拝観料が800円!となんとお昼のランチ680円
より高かったのでなんかあほらしくなって
知恩院を後にしました。

              つづく
体力全快!
昨日、ke-nさんと滋賀東部にある霊仙山に
福寿草の花の撮影に行って参りました。
何十年ぶりの登山で、さらに病み上がりだったので
大いに不安だらけらったのですが
無事に達成して帰ってきました!!(嬉)
この記事は後日アップ予定です!

今の時期はもう桜の木も花から葉へ変わる時期ですが
今しばらく満開の桜をお楽しみください。

今日は円山公園の桜です。
円山公園に入るとまず桜よりも
ブルーシートで花見の場所取りをする人々の多さにビックリ!!
参道と立ち入り禁止場所以外はブルーシートで覆われてる状態!!
非常に興ざめでした。
ブルーシートとそれに寝転んでる暇人が写らない様に撮影開始。

円山公園より、2

早速目に飛び込んできたのが支え柱で固定されてる
見事なしだれ桜です。
桜の木も幸せものだなぁとつくづく思う瞬間です。

円山公園より、3

まだ6分咲ぐらいでした。

円山公園より、4

ソメイヨシノは所々満開でした。

円山公園より、5

僕のお気に入りのしだれ桜です。
桜ってこんなに美しいもんなんや!と思った
見事な桜です。

円山公園より、6

幹も枝も凄いです。
ただ後ろにブルーシートが写ってしまった、、、(怒)

円山公園より、7

主円山公園の主役が桜一色の中、傍らで椿が
ひっそり花を落としてました。


                つづく

病み上がりです、、、
ここ3~4日、お腹の調子が非常に悪かったので
仕事も休んで病院へ行ったところ、ノロウイルスに
冒されていることが判明!
多少の下痢はたまにありましたが
3~4日も続く下痢は初めてでした。
食欲が全く落ち、おかげで3kgも痩せました。
今もお腹はゴロゴロなってますが、
回復兆候にあります。

今日は八坂神社です。

八坂神社、1

四条、祇園と言えばこの八坂さん!
昔、初詣は毎年この八坂神社に参拝してました。

八坂神社、2

神社入口には凛々しい狛犬さんが厳しく睨んでます。

八坂神社、3

本殿と舞殿提燈

円山公園、1

八坂神社の境内裏はすぐに丸山公園入口。
たくさんの出店の間から桜の枝が顔を出して
枝をよく見るとおみくじが結っていました。

次回は丸山公園内の桜です。

それと、病み上がりではありますが
明日、朝一ke-nさんと滋賀米原方面の山に
撮影に行ってきます!!



八坂の塔
月曜日myutaさんと、奈良へサクラの撮影に行ってきました。
あいにく天気が悪く満足のいく写真が撮れませんでしたが
近々アップする予定です。

今回は以前、撮影に失敗した。八坂の塔と二年坂です。

八坂の塔、1

重要文化財の五重塔のたもとには
おいしそうなハッサク?がいっぱいなっていました。

八坂の塔、2

この日は本当に抜けるような青空に恵まれました。

二年坂のお店の前に咲く大きなしだれ桜が見事でした。

二寧坂(二年坂)桜

お店のガラスに写るサクラも綺麗でした。

二寧坂、1

しだれサクラの斜め前にあった清水焼のお店。
よく見たら結構なお値段するんですね!

二寧坂、2

僕の家は京都に近いですが
さすがに"どすえ""お行きやす"は
使わへんなぁ!

            つづく
京都サクラ散策
先日、ぴーかんの快晴の中、思い立ったが吉日で
京都のサクラと神社、仏閣めぐりをしてきました。

当日、家の近所のサクラは3~4分咲きだったので
まぁ、何とかなるだろうと思い、京阪電車に飛び乗り三条駅に到着。
早速祇園界隈のサクラを見ましたがやはり3~4分咲きでした。
少々がっかりしてると1本の満開のサクラに撮り花!?が集中しているのを発見!

京都祇園にて、4

同じようにパシャリ!

京都祇園にて、2

人力車の兄ちゃんもついついここで足を止めてお客さんに説明中。

すると、一台の車が止まり、中から舞妓はんと、カメラマンが降車。
他のカメラマンもチャンスとばかりに集まってきました。
当然僕も参加!

京都祇園にて、3

祇園の景色には舞妓はんがお似合いどすぇ(笑)
なかなかかわいい舞妓はんでした。

京都祇園にて、1

この間ラジオで「昔の花見はサクラとやなぎを見るのがトレンディ」
と言っていましたが、真偽のほどは如何に!?

                   つづく

明日は久しぶりのブラックバス釣りに行ってきます。
ちょっと一服
京都のぶらり歩きのアップの前に、、、
電車オタクの写真です。
僕の一番身近に走っている京阪電車。
撮り鉄の練習で撮影はよくしているのですが
実は一度もブログアップしたことがありません!
京都に、大阪に、いつも利用する京阪電車、
今回は八幡市~淀間にある木津川鉄橋での黄昏時の写真です。

京阪2600系

僕の好きな2600系が夕陽の下を走っていきます。

京阪8000系

夕陽に映える8000系と信号機。

木津川鉄橋

闇夜に消えようとする木津川鉄橋と7000系。

"京阪電気鉄道カーブ式会社"と揶揄されるくらいカーブが多い京阪電車。
スピードでは他社にかなわないので、サービスで乗客を勝ち取って来ました。

京阪8000系

その代表格8000系特急型電車。
京阪特急といえば一昔前は"テレビカー"が有名でしたが
時代の流れで"テレビカー"はほぼ消滅!今は"ダブルデッカー"が有名です。
皆さんも是非京阪電車のご利用を!(笑)



舞鶴港へ最終回
赤レンガ倉庫を後にして
すでに辺りはすっかり厚い雲に覆われて
さらに薄暗くなっていました。
ke-nさんが「夜景を撮ろう!」次に訪れたのが
地元の方に教えてもらった舞鶴港が一望できる
海沿いの高台に向かいました。

舞鶴港、1

高台に向かう前に撮った一枚です。
ん~ん!これは面白い写真が撮れるかも!

舞鶴港、2

早速湾の真ん中に停泊するイージス艦と新日本海フェリー

舞鶴港、3

イージス艦を色々撮ってみました、、、

舞鶴港、4

この写真はke-nさんのアドバイスを受けました。

色々撮影しましたが、なんか物足らんなぁ、、、

この後、さらに綺麗な夜景を撮ろうと近くの「五老スカイタワー」という
山の頂上へ向かいましたが、いざ頂上にたどり着くと
木々が見事に成長していて所々から綺麗な夜景が見えるのですが
撮影に適した場所を色々探し回りましたが結局見つからず
涙を呑んで家路に向かいました。

僕にとってこの一日は非常に有意義な日でした!
k-enさん、ありがとうございました。

次回は京都市内巡りの予定です。

舞鶴赤レンガ倉庫群
今日は朝から快晴!だったので思い立ったが吉日!!で
運動がてら電車に乗って京都市内へさくらを撮りにいってきました。
平日にもかかわらず人だらけでした(汗)
近々ブログアップします。

今日は本日訪れた京都市内から日本海側へ約100km離れた
同じ京都府の舞鶴シリーズ第8弾です。(つくづく京都は広い!と思う…)

本日国の重要文化財および近代化産業遺産の赤レンガ倉庫群です。
本当は赤レンガ倉庫群のライトアップの写真を撮る予定だったのですが
あいにく大掛かりな改修工事をやっていて
工事が終わるのに1年前後かかるとのことだったので
舞鶴、赤レンガ倉庫、4

雰囲気の出ない写真ですがこの様な舞鶴赤レンガ倉庫が
港周辺に十数棟あります。

舞鶴、赤レンガ倉庫、1

舞鶴に行く前に赤レンガ倉庫の写真検索していたら
このポストの写真がよく目に飛び込んできたので
同じように撮らなあかんのかな?
後、このポストもぼろぼろだったので修復お願いします(笑)

舞鶴、赤レンガ倉庫、2

訪れたところは舞鶴市政記念館という多分舞鶴市が管理する文化施設になっていて
倉庫内を撮影しようと思ったら中は現代的な造りになっていました。
さらに二階はホールみたいになっていて
訪れたときは舞鶴在住のお子様たちが作った
手作りひな祭りの展示場になっていました。

実は閉館間際に入館したのでしばらくすると"蛍の光"が流れてきたので
同じ展示場の奥にあった中舞鶴線の歴史みたいなものが
あったのですが、全部流しで見たので内容を殆ど覚えていません(汗)

舞鶴、赤レンガ倉庫、3

このジオラマもじっくり見たかった、、、
ちなみにジオラマ内の車両は、本物だったらどうやって走るんや?
ついつい"けち"をつけたくなる瞬間です、、、
                 
                  つづく
四所駅
満足の由良川鉄橋を後にして
市街地へ戻る途中、四所駅という無人駅に寄ってきました。
駅構内の時刻表を見ると、後数分で列車が来るとの事。
列車が来るまで撮影三昧です。

タンゴ鉄道四所駅、1

対面の2番線には小さな待合室がぽつんとあるだけです。
ke-nさんはこの待合室がすごく雰囲気がいい!とご満悦な感じでした。

タンゴ鉄道四所駅、2

僕はいつもなが再び走ることのない引込線に萌え~!でした。

タンゴ鉄道四所駅、3

しばらくするとやってきました!
北近畿タンゴ鉄道KTR700形気動車
以外と乗客が乗っているのには驚きました。

タンゴ鉄道四所駅、4

しかしこの駅には誰も降りることなく、
気動車が去った駅構内は一抹の寂しさが、、、

                             つづく



由良川橋梁
海上自衛隊舞鶴基地を後にして

その後、舞鶴線の赤レンガ鉄橋に行ったのですが
雰囲気がもうひとつの上、往来した電車が
最新の電車だったので
舞鶴線
スルーしまして、、、(汗)

昔、由良海水浴場に行った時、
到着寸前に由良川鉄橋を目撃して
子供ながらに「あの鉄橋を撮影したい!」
と思いを描いて早三十年弱、、、
ようやく念願がかないました(笑)

川にかかる鉄橋といえばがっちりした骨組みがあり(トラス橋)
頑丈なイメージがありますが、
この由良川鉄橋はローカルなイメージ満点の単純桁橋です。

由良川橋りょう、1

長い鉄橋を(橋長552m)たった1両の気動車がのんびり走っています。
これが国鉄型気動車だったら最高なのに、、、
天候もなんでこんなに曇天なんや、、、(汗)

この気動車の撮影後、次に来るのが約一時間後!
ke-nさんはそれを聴いて防波堤で昼寝!(汗)
僕は、もっといいポイントはないかと散歩!!
鉄橋の近くのほうがいい感じだったので
早速ke-nさんに報告し移動開始したのはいいのですが
車は最初の場所の所に置いたままでしたので
運動がてら取りに行きました。
みかん直売所の駐車場に置かせてもらってましたので
駐車場代替わりにみかん一袋を買って戻りました。
ke-nさんは寒風吹く防波堤で昼寝から目が覚めたところで
「さむー!体冷えたわ!!」そりゃぁそんな所で寝てたら体も冷えますわ(汗)
買ってきたみかんを食べながら待つこと約1時間、
ようやく時刻表通りやってきました。

由良川橋りょう、2

カタン、カタン、カタン、、、レールを響かせ1両の気動車が
ゆっくりゆっくり走ってきます。

その3分後、折り返しでなんと!タンゴディスカバリーの特急車両がやってきました。

由良川橋りょう、3

乗客に観光しているのか、非常にゆっくりした速度で
鉄橋を渡っていきます。

存続が危ぶまれている北近畿タンゴ鉄道宮津線、このローカル線を
なんとか残せないものか!

ちなみにこの宮津線にSLが復活すれば毎週でも撮りに来ますよ~(笑)

                                       つづく