プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉、その2
紅葉第二弾です。
「紅葉もう飽きた?」、我慢してください、、、(苦笑)
非公開はもったいないので紅葉第二弾アップします。

ついでに撮影場所も非公開です、、、(汗)

某所、1

某所、2

某所、3

某所、4

某所、5

某所、6

某所、7

某所、8

某所、9

某所、10

某所、11

某所、12

某所、13

某所、14

某所、15

某所、16

某所、17

某所、18

某所、19

某所、20

某所、21

某所、22

某所、23

某所、24

某所、25

某所、26

某所、27

某所、28

某所、29

某所、30

某所、31


紅葉もいよいよ終盤ですね!
皆様、思い思いに紅葉楽しんでください!



スポンサーサイト
紅葉、その1
いよいよ紅葉も終盤ですね。

今日は近所の公園で撮影した紅葉をアップします。

近所、1

近所、2

近所、3

近所、4

近所、5

近所、6

近所、7

近所、8

近所、9

近所、10

秋はメランコリックな気分になりますが
紅葉を見ていと心洗われますね。



カキツバタ、花菖蒲の季節
大峯奥駈道から3日後の5月22に日水曜日、
この日は雨模様だったので再びke-nさんと
滋賀県高島市にある平池のカキツバタを撮りにいってきました。

この日午前5時半に親分!ke-nさんに迎えに来ていただいたのですが
なんと、僕が二度寝をしてしまい!起きたのが5時22分!
すぐにke-nさんに電話を入れ「朝飯おごるから許して!」とお許しを懇願、
バタバタ身支度をして(もちろん顔や歯も磨いています!)
集合場所の薬局前に急いで走って何とか5時40分に着きました。

「何をしてるんや!」とぼやかれていました!(笑)
スンマヘン!を連呼にいざ出発!

道中、京都市内を通るので、通勤時間帯を避けたかったのに10分遅れででどれだけ変わるか、、、
幸い京都外環状線が若干の渋滞で済み何とか助かりました。
かなりの腹ペコでガストのモーニングを食べたかったのですが午前8時オープンのこと、、、
結局山科区の1号線沿いのマクドのモーニングとなりました(汗)

お腹を満たし、京都東ICの先から国道161号線バイパス、湖西道路を走り、
蓬莱山、武奈ヶ岳、といずれ登りたい山を横に北へ向かいます。
あっという間に高島市に入り、有名な白髭神社を通過。

トイレ休憩を兼ねて、池の到着が午前8時半過ぎ、
すでに先客がいらっしゃいましたが、平日なのか、まばらで助かりました。

ke-nさんは一度撮影に来たとのことですが、もちろん僕は初めて。

平池、1

そこはそよ風の中に、カッコウやウグイスが鳴き心癒される場所です。

平池、2

カキツバタの群生の中に鮮やかなオレンジ色のレンゲツツジが咲き
より色が賑やかでした。

平池、3

しかし心地よい風が吹くと水面が乱れ、映り込みが撮れません。

平池、4

平池、5

平池、6

風が止んだ一瞬を狙います。

平池、7

再び風が止むのをじーっと待つことに、、、

平池、10

とてもいいところなんですが、どうしても一方向からの撮影なので
同じような写真になってしまいます。

平池、8

風もなかなか止まず、じーっと待っていたところにke-nさんが、
「次に行くぞー」とのこと、
平池から、滋賀の朽木のとある集落に向かいます。

平池、9

その集落もカキツバタ群生地で知る人ぞ知る場所とのこと、
車を走らすこと延々約一時間かかってようやく到着。
しかし、カキツバタは全く見当たりません。
集落を不審車のような動きで2~3往復、
携帯は見事に圏外、、、調べるすべもありません。
ke-nさんが地元の方に場所を聞いてみると、なんと鹿害でほぼ全滅のこと、、、
確かに道路左右はカキツバタがあったであろう湿地が所々にあります。
「こんなに広くたくさんのカキツバタを鹿が食って全滅させるなんて、、、」
恐るべし鹿の食欲、、、
て、言うかこんな山奥まで来てスカを食らうなんて何でこうなるの?(汗)
この後、朽木の中心街に戻り、行き当たりばったりで入った蕎麦屋が大当たり!
美味しい十割そばと鯖寿司を食べ、くつき温泉天空でまったりとした後、
帰路途中にある山科区の勧修寺(かじゅうじ)に立ち寄りました。

周辺道路はよく使うのですが、
まさに”灯台下暗し”お寺の存在、全く存じ上げませんでした、、、(汗)

勧修寺、氷室池。

勧修寺、1

勧修寺、2

家からも割りと近場でいいお寺です。

勧修寺、3

京都市内では珍しく野鳥がよく集まるとのこと、
この日はアオサギが大きな枯れ木にとまっています。
アオサギらしく、終始じっと鎮座されこの絵のままでした。

勧修寺、4

勧修寺、5

勧修寺、6

「………」(汗)、、、この先どんな危険があるのであろうか、、、(怖)

勧修寺、7

勧修寺、8

勧修寺、9

勧修寺、10

氷室池はとても浅く鯉が水面ギリギリを泳いでいい絵になります。

勧修寺、11

鯉の”チュー”のスクープ写真!(笑)

勧修寺、12


夕食は家の近所のお好み焼屋さん!(笑)




京都御苑 近衞邸跡の枝垂れ桜と、和知山野草の森
先月の27日、ke-nさんと
京都御苑の近衞邸跡の枝垂れ桜に行ってまいりました。

午前3時半にke-nさんにうちの近くのコンビニに迎えに来てもらい
午前4時半に京都御苑に到着。
現地は街灯はあるものの正直真っ暗けっけ、、、

真っ暗状態で案内板を見て街灯頼りに歩くと
ぼんやり桜が見えてきました。

ファインダーを覗いてもよく分からない、、、
「とりあえず撮ってしまえ!」と撮影した一枚!

京都御苑、1

携帯のライトでピントを合わした一枚。
尚、白い天は星です。

京都御苑、2

京都御苑、3

京都御苑、4

ke-nさんに「月と桜は撮ったんかいな?」
ワタクシ「全く気付きませんでした、、、」(汗)

京都御苑、5

ようやく辺りが明るくなって、全容が見えてきました。

京都御苑、6

気が付けば廻りはカメラマンだらけ、、、
オマケにこの桜の木に日が当たるのを皆が知っているのか
大勢の方々が狙いを定めていました。

京都御苑、8

約1時間ほど粘りましたが、無常にも日が昇る東の空には
雲が垂れ込め、結局朝日は当たらず仕舞いでした、、、(苦笑)
ke-nさん曰く、この雲も僕のせいとのこと、、、(笑)

京都御苑、9

ようやく別の桜に光があたり始めました。

京都御苑、10

撮影隊もえらい多くなってきたので午前7時に撤収命令。

京都御苑、11

京都御苑、12

次の目的地は、おととしke-nさんと行った
京丹波の”わち山野草の森”に向かいます。
朝食を全然摂っていないので、亀岡でお腹を満たし
京丹波町和知まで国道9号、27号線を使い
のんびり旅で午前10時前に到着。

わち山野草の森、広大な敷地の中で
四季折々に美しい花・風景を満喫することができる場所です。

二度訪れていますが、毎度貸しきり状態で遠慮なく写真が撮れます。


ピンク色のアセビに小さな虫。

わち山野草の森、1

ユキヤナギ

わち山野草の森、2

雪割草(ミスミソウ)

わち山野草の森、3

わち山野草の森、4

わち山野草の森、5

わち山野草の森、6

わち山野草の森、7

ムスカリ。
雪割草の隣に咲いていたから珍しい花と思いきや
「それ、園芸種やで~!」とke-nさん。

わち山野草の森、8

わち山野草の森を貫くように山陰本線が走っていて
毎時二本往復路で特急が走ります。

北近畿タンゴ鉄道、KTR8000形気動車「まいづる」「はしだて」

わち山野草の森、9

JR西日本、特急型電車、287系「まいづる」「はしだて」

わち山野草の森、10

再び花の撮影に戻ります、、、(苦笑)

変わった蘭が咲いていたので、ke-nさんに
「エビネラン?かな?咲いてたで~!」と知らせに行くと
「どうせ、なんかの間違いやろ~」と言いながら現場に行くと
「おお!よう見つけたやないか!春蘭や!」と。
全く人を信用しないんやから、、、(汗)

春蘭(しゅんらん)

わち山野草の森、11

可愛い花のカタクリ。
本物の片栗粉はこの根っこのでんぷんです。

わち山野草の森、12

蕗の薹(フキノトウ)

わち山野草の森、14

キンキマメザクラ

わち山野草の森、15

そして、最後に立ち寄ったとある菜の花畑、、、(苦笑)

亀岡、2



湯の花温泉の烟河(日帰り入浴700円) でさっぱりして帰りました。


雨の鈴鹿の森庭園
3月9日、水曜日ke-nさんと三重県にある
枝垂れ梅の名所”鈴鹿の森庭園”に行ってまいりました。

この日は一日中雨、内容はもちろん雨降りが前提です!(笑)

開園は午前9時、雨はそれなりに降っており、傘を差しながらの撮影は大変でした。

鈴鹿の森庭園、1

雨をも忘れてとにかく黙々と撮影に没頭。

鈴鹿の森庭園、2

満開のピークは過ぎていましたが、
散った花びらがまるで夜空の銀河の星星のように輝いていました。

鈴鹿の森庭園、3

雨なのでなかなかダイナミックな写真が撮れず、
枝垂れ梅全体の写真はほとんどなし。

鈴鹿の森庭園、4

傘の中の小さな空間でうろうろしながら、下ばかり見ていました。

鈴鹿の森庭園、5

鈴鹿の森庭園、6

鈴鹿の森庭園、7

鈴鹿の森庭園、8

鈴鹿の森庭園、9

鈴鹿の森庭園、10

鈴鹿の森庭園、11

鈴鹿の森庭園、12

鈴鹿の森庭園、13

鈴鹿の森庭園、14

鈴鹿の森庭園、15

鈴鹿の森庭園、16

鈴鹿の森庭園、17

鈴鹿の森庭園、18

鈴鹿の森庭園、19

ke-nさんに「撤収や~!」と言われ、気が付けばもう12時半、
時々レンズ交換するために屋根の下に入って多少休憩する以外は
ほとんど黙々と時間を忘れて撮らせて頂きました。

鈴鹿の森庭園、20

その後、グリーンホテルの温泉で温まり、
帰りに鶴見のアウトレットモールに寄り
普段着用のフリースジャケットを買いに行ったはずが
冬物処分バーゲンでほぼ半額になっていた
冬用登山ズボンを買ってしまいました、、、(苦笑)
もちろん試着以外では一度も履かず、
そのままタンスの肥やしとなっています、、、(汗)



”雨の日”の撮影!吉野山、高取城跡
仕事が忙しく、ブログも延々ほったらかし(汗)
12月に入り、ke-nさんとスケジュールが合わず
一度もお出かけせずじまい、、、

今日のネタは、先月ke-nさんと、吉野、高取城跡の紅葉撮影の内容です。
この日は一日雨、僕が午前中仕事だったので午後前の出発となりました。

もちろんこの日は雨降りが当たり前!(爆)の内容でございます!(笑)

11月18日、1

雨の日の撮影はかなり大変!
傘を差しながら、機材が濡れないように気を使っての撮影となります。
もちろん濡れてしまったら「あ~!最悪!!」と、ぼやき倒します(苦笑)

晩秋の吉野、哀愁漂います。

11月18日、2

11月18日、3

この日一番美しかったモミジ。

11月18日、4

一度霧がかかったらなかなか晴れてくれません、、、

11月18日、5

11月18日、6

11月18日、7

次に日本三大山城のひとつ高取城跡に向かいます。
城は、高取町から4キロメートル程南東にある、
標高583メートル、比高350メートルの高取山山上に築かれた山城である。wikipediaより。

桜の時期にはたくさんの観光客が訪れるとのことですが、
午後3時半の高取城には誰もいません。

11月18日、10

霧に包まれる高取城。

11月18日、11

霧が晴れると一面の雲海、こちらは大峰山脈方面。

11月18日、14

川の波のように漂う雲海。

11月18日、12

右に葛城山、左に金剛山。

11月18日、13

この後ハプニングが!(汗)
だんだん暗くなる中、ke-nさんとはぐれてしまい「ke-nさ~ん!」
と大きな声で呼べど返事なし!
また置き去りにされたんかいな、、、と思い駐車場へ下りることに。
でも駐車場にはいません。
幸い電話が通じたので慌てて電話すると「どこにおるかわからへん、、、」とのこと、、、
駐車場から城址までそれなりの高低差があって
道はかなりぬかるんでおり、傘を差しながらの機材の持ち運びが大変!
しかし辺りはかなり暗くなってきたので仕方なくもう一度登ることに。

すると、「メッチャええ感じになってる、もうちょと待ち~」とke-nさん、、、
すでに三脚は駐車場に置いてきたので石階段に固定して撮影。

11月18日、15

更に辺りが暗くなっても一向に「撤収!」の声が上がらないので
「ええ加減降りへんと、真っ暗になりまっせ~」と言いに行くと
ke-nさん渋々撤収!

11月18日、16

この後、あすかの湯に行って
夕飯はke-nさんが「王将!王将!」と言い続けるので
王将のぎょうざ倶楽部会員のスタンプ達成のために
餃子の王将へ、無事に会員カードをもらっていました(笑)




今年の般若寺、その1
先日の日曜日、ke-nさんと奈良公園内での写真展に同行、
ke-nさんをJR河内磐船駅まで迎えに行き久々のマイカー出動です。
この後、僕の車で苦労することになるとは、、、

我が家から奈良公園に行くには、国道163号線を使い
京都府木津川市から奈良公園に入るか
奈良県生駒市から阪奈道路を使って奈良公園に向かうか(他に複数あり)
の選択ですがここ最近は163号線経由で奈良に入ることが多いので
今回もこのルートで向かいます。
このルートは、”コスモス寺”で有名な般若寺の近所を通過します。
もちろんそのまま般若寺に吸い込まれていくことに、、、

般若寺、1

以前に訪れたときは駐車場に入るのに
30分強待たされたのに、この日はすんなり入られました。

般若寺、2

満開のコスモスでしたが種子のつぼみもかなりありました。

般若寺、3

今年は石仏メインで撮ってみよう。

般若寺、4

般若寺、5

般若寺、6

般若寺、7


般若寺のあと、写真展を拝見。
見応えのある写真に感動、勉強になりました。

この後、和束町の茶畑に向かいます。

             つづく



烏丸半島の蓮
先月の7月29日、ke-nさんと琵琶湖の蓮の自生地、烏丸半島にいってまいりました。
私たちコンビはどこに行っても雨雲が付きまとわります、、、(汗)
この日は「おおむね晴れますがところによりにわか雨」の予報。
おおむね晴れってことは?まあ雨は大丈夫でしょう!
と、滋賀県に入り烏丸半島に到着すると、低い雲が立ち込め
時々小雨がぱらつきます、、、

まあ、毎度のことでしょう!ke-nさん!(笑)

現地には午前5時前に到着。

久々の烏丸半島、以前訪れたときより花が少ない感じ、、、

烏丸半島、1

で、蓮は”ポン”と音を出して開くのか?

烏丸半島、2

烏丸半島、3

烏丸半島、4

時間が経つにつれ少しずつ蓮は開いてます。

烏丸半島、5

同じ蓮の花の10分後、10分でここまで開いててきました。
周りの花も大きく開いていましたが”ポン”という音は確認できません、、、わかってはいましたが、、、(苦笑)

烏丸半島、6

烏丸半島、7

烏丸半島、8

烏丸半島、9

蓮の淡いピンク色は清楚に見えます。

烏丸半島、10

そして、所々に咲いていた黄色のかわいい花、
”オオバナミズキンバイ”といって南米・北米原産の外来種で
環境省から特定外来生物に認定。駆除に苦労されているとのこと、、、

こういう問題が全国で問題になっていますね。
身勝手な人間が「世話が出来ない」のを理由に
外来種を野や川、池に逃がします。

僕が思うに、外来生物は全て輸入禁止にすべきだと思います。

烏丸半島、11

なんだ?この不思議な空間は?

烏丸半島、12

烏丸半島、13

こりゃ、来年リベンジですね~!(苦笑)

烏丸半島、14

この後、近江妙蓮公園の”近江妙蓮”を見に行きます。
そこは守山市にあり、さらに普通の住宅外の中!
到着直後カメラマンが数人程度で
ke-nさんが「めっちゃ穴場の場所やろ~」って言ってたんですが
しばらくすると次から次へと拝観者が訪れます。(苦笑)

近江妙蓮公園、1

近江妙蓮公園、2

こんなに晴れてるのに撮ろうと思う花になんで水滴が………(汗)
と、不思議に思いながら撮影していたら、、、

あるオジイが一生懸命自分が撮りたい物に
霧吹きを吹き付けています。
そういうことは自分の家でしてください!(怒)
最近の年寄りも「我がさえ良ければええ!」のようなやつが増えてますね!

近江妙蓮公園、3

この水はもともとですね!

近江妙蓮公園、4

「ここは俺の占領地じゃ!」

近江妙蓮公園、5

「キャ!恥ずかしい!」

近江妙蓮公園、6

この”近江妙蓮”蕾の時は普通のハスのように見えますが、

近江妙蓮公園、7

蕾が開くと中に複数の花が顔を出します。

近江妙蓮公園、8

開花してしまうと花が傷むのが早いらしく、
綺麗な状態で開いているという花はありませんでした。

近江妙蓮公園、9


この後、信楽の立派な滝を見に行きます。


つづく





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。