プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
名残山桜を求めて
これまた2ヶ月前の話、4月29日、
ratoさんと奈良県五條市大塔町にて名残山桜を探しに出かけました。
今年の山桜はかなり遅い時期まで残っていました。

山桜、1

途中朝日に照らされるモミジの若葉が非常に綺麗でした。

山桜、2

山桜、3

山桜、4

山桜、5

なんとも言えないくらい美しい若葉色です。

山桜、6

途中途中ratoさんに「停まって!」とわがまま言ってパシャリ!

山桜、7

山桜、8

山桜、9

若葉萌ゆ!

山桜、10

とある集落を通過中「凄い急斜面で畑仕事しているおばあさんがいてはる!」
もちろん撮影許可をいただいて撮らせていただきました。

山桜、11

大阪には娘や孫がいるとの事、
でも自分は都会より住み慣れたこの集落が一番落ち着くと
お話をして頂けました。

これだけの急斜面の畑、非常に大変だと思いますがこれからも頑張ってください。

山桜、12

パッチワークのように残された自然林、なにか意味でもあるのだろうか?

山桜、13

こちらより釈迦ヶ岳の林道です。

山桜、14

山桜、15

山桜、16

山桜、17

山桜、18

山桜、19

山桜、20

山桜、21

これにて今年の桜は見納めとなりました。

この後、十津川の”そば処 風庵”にて遅い昼ご飯を食べました。






スポンサーサイト
奈良の桜を巡る
6月21日、今まで空梅雨だった空が一転。今日は雨、
それも時折かなりの大雨!
久々に大好きなクラシック音楽を聴きながら
忘れかけていたブログを作成しています。

4月12日、ratoさんの案内でke-nさんと、ratoさんのお友達と
桜巡りをしてまいりました。

まずは吉野の桜です。

吉野、1

この日はガスも湧かず少し寂しい写真となりました。

吉野、2

吉野、3

吉野、4

吉野、5

吉野、6

吉野、7

吉野、8

吉野、9

吉野、10

次に訪れたのは前から気になっていたお寺
”世尊寺、比蘇寺(ひそでら)”を訪れました。

比曽寺、1

時期としては珍しくシャクナゲが満開です。

比曽寺、2

比曽寺、3

美人薄命

比曽寺、4

次に訪れたのが長谷寺が一望できる場所です。

長谷寺、1

長谷寺、2

長谷寺、3

儚き命

長谷寺、4

見事なオオシマザクラ。

長谷寺、5

みなさん、撮るのに四苦八苦、、、

長谷寺、6

次に長谷寺の奥の院、瀧蔵神社の権現桜、見事です。

瀧蔵神社、1

かなりの老木のため、支柱、ワイヤーで支えられています。

瀧蔵神社、2

瀧蔵神社、3

瀧蔵神社、4

瀧蔵神社、5

瀧蔵神社、6

瀧蔵神社、7

桜の幹に宿る小さな植物たち。
スミレが花を咲かせます。

瀧蔵神社、8

瀧蔵神社、9

そして天理の一本桜。

一本桜、1

空の雲が桜を引き立たせます。

一本桜、2

最後に訪れたのが内山永久寺跡の大きな池です。

内山永久寺跡、1

内山永久寺跡、2

グルグルばっかり撮ってる、、、

内山永久寺跡、3

内山永久寺跡、4

この日は充実した一日となりました。



大雪の翌日
桜も散り、すっかり春の空気に包まれている今日この頃、、、

僕の記事は約3ヶ月前の真冬の時の記事でございます!(苦笑)

今年の2月12日日本列島は真冬の空気に包まれ、奈良中南部にも大雪を降らせました。
この日はke-nさんご一行は大峰の氷瀑、シェイクスピアに行く予定でしたが
天候大荒れのために断念、
氷瀑、シェイクスピアを拝むには危険な道中があるので「そんなとこには行きません!」
と言っていた矢先に「シェイクスピア中止!」とのke-nさんの言葉に「同行します!」
とのことで大峰絶景の名所に連れて行っていただきました。

メンバーはnarakumaさん、フォトクラブ大峰の松井会長、ke-nさんと僕、
そしてまさか!?の寝坊で出遅れてきたCOOPERさん(苦笑)

大雪の国道169号線をke-nさん運転で向かいます。
かなりの積雪で慎重に走ります。

そして”石ヤ塔”に向かう林道を走りようやくCOOPERさん合流、
しばらく走ると車がスタックして立ち往生、みんなで押し出し救出。
林道のかなり奥まで走っていて、電話ももちろん圏外!
万が一僕らが石ヤ塔に行かなかったらおっちゃんどうするんかいな?(怖)

凄い崖が目の前に見えてきました。石ヤ塔到着です。

大雪、1

この石ヤ塔は霧が出ないと立体感が出ないとの事、、、(汗)
そしてこんなときに限ってピーカン!(苦笑)

大雪、2

底から150m位の高さでしょうか?
肉眼では圧巻ですが、写真で撮るともう一つスケール感が出ません。
でも非常に見応えのある崖ですね。

ちなみに右の塔に登っている方が何人もいるとの事、、、、(汗)

大雪、3

次に明神池に立ち寄りました。が、
皆さんとお話に夢中になりスマホでの撮影のみ、、、

お次は、不動七重の滝へ言ってみます。
こちらの林道はさらに雪深く、
「横滑り防止装置が点滅しまくってる~!」と慎重に運転するke-nさん!
(追伸、ちなみに雪道はトラウマなワタクシ、、、(涙)

ここまで積もるのも珍しいとの事!

大雪、4

大雪、5

大雪、6

大雪、7

ここは夏に来ようよ!(笑)

大雪、8

この後、急遽和佐又ヒュッテへ向かうことに。
しかし急な山道は除雪しないと無理。
ここでも全輪駆動の軽トラックがスタックして又もや全員で救出!
これ以上先には進めないとの情報で結局撤収、、、
豪雪地方ではいかに降雪が大変か思い知らされました。

その後、焼肉”馬酔木”で美味しい昼ご飯。

そして解散し帰路道中葛城市付近で大雪に降り
その後、葛城山、二上山が見事に真っ白。

大雪、9

大雪、10

大雪、11

大雪、12

大雪、13

大雪、14

大阪、奈良にいながら雪国を堪能した一日でした。





冬の天の川銀河 その4
夕べの宴会は珍しく午前12時前に終了、
31日の石垣の日の出は午前7時24分(非常に遅い!)
と、言うことは午前6時頃でも星は見えるはず!
星座早見表で調べると、午前6時頃に天の川銀河が
上ってくることになってます。
カメラ、三脚リモコンを用意し、
目覚ましを午前5時半にセット。その後のび太のように3秒で気絶!

気付くとセットした目覚ましが5時半に鳴り、大阪のように寒くないので
すぐに起き上がり着替えて港に向かいます。

真っ暗闇を機材を持って歩くこと15分、
前日の散歩で目星を付けていた波止場に到着。

もちろん空は晴れ渡り満天の星空です。

東の空にさそり座を確認していざ撮影開始!

肉眼ではわかりにくかった天の川がはっきりと写り興奮します。

夜明け前、1

少し東の地平線が明るくなっています。
写真中央には流れ星も写っています。

夜明け前、2

夜明けとともに天の川も空に溶けていきます。

夜明け前、3

夜明け前、4

完全に見えなくなりましたが、星はまだ頑張っています。

夜明け前、5

また一日が始まろうとしています。

夜明け前、6

左上に流れ星!

夜明け前、7

サザンゲートブリッジより登野城漁港。

夜明け前、8

反対側は石垣港。
午前7時前でもまだ薄暗い、、、

夜明け前、9

この後、竹富島で竹富町役場で働く従弟と8時に待ち合わせをしていましたが
僕が写真を撮るのに夢中になり一本目の船に間に合わず、
8時半に変更となりました。

次回は竹富島です。





美しい川平湾 その2
1月28日旧正月、オバァーの市民会館でのお祝いの当日、お天気快晴!(この時期では結構珍しいのこと!)
午前中準備でバタバタしている尻目に伯父の軽トラを借りて美しい川平湾に出かけるのでした!(笑)

軽トラを走らせること約30分、川平湾駐車場に到着、
殆どがレンタカーの中に畑使用の軽トラがポツリ駐車するのでした。

8年ぶりに訪れた川平湾、大当たりでした!(笑)

川平湾、1

沖縄最高峰、於茂登岳(おもとだけ)がよく見えます。

川平湾、2

大阪のピチピチビーチとはえらい違いです!(苦笑)

残念ながら定番撮影の展望台は工事中でした、、、

川平湾、3

川平湾、4

伯父曰く、「昔より水が濁っている」とのこと、以前はもっと美しかったのでしょうね。

川平湾、5

でも、この海の美しさ!まさに”感無量”です(笑)

川平湾、6

この後、底地ビーチ(すくじびーち)に行こうとしたら
突然電話がなります、、、、(驚)
恐る恐る電話を取ると
「アンタ!何処に行ってるの!!(怒)カメラマンがなにしてんの!」怒!怒!!
恐怖の電話、、、(汗)


急いで市民会館に向かうのでした、、、、(苦笑)



つづく






雨、雨
9月18日~22日、この日はke-nさんが北アルプス縦走計画していたのですが
まあ、毎度と言うのか、季節がらと言うのか20~21日に
台風直撃という、笑ってはいけない出来事が!(爆)

白々しく予定2日前に「アルプス行きはるんでっか~?(笑)」と、電話。
「行けるはずないやんけ!」半やけっぱち!(苦笑)
「暇やったら撮影に行きましょう!」と、
18日、雨の中の大普賢、和佐又の森を撮影しに行くことに。
この日はnarakumaさんとも途中合流して和佐又ヒュッテに向かいました。
雨はすでに降り始めていましたがヒュッテ駐車場に着くや否や、
結構激しい雨が降り始めました。
雨雲レーダーを見ても次々と強雨がやってくる、、、(汗)
約一時間待ちましたが、結局諦めることに、、、

この後、笠の蕎麦がちょうど見頃との事で行ってみることに。

一面蕎麦の真っ白な花が畑の中に真っ白な絨毯のように咲いていました。

笠、そば畑、1

笠、そば畑、2

笠、そば畑、3

とても見応えありますが、最近どうもスランプなのか
どの様に撮影したらよいのかわかりません、、、(汗)

笠、そば畑、4

はっは~(汗)送電線写ってるし、、、(苦笑)

笠、そば畑、5

笠、そば畑、6

笠、そば畑、7

どうにもこうにもしっくり来ない、、、(涙)

笠、そば畑、8

早く蕎麦を食べたいな~と思っていたら
いい感じに蕎麦屋さんオープンの時間。

とても美味しい蕎麦でした!(満足)

narakumaさんとは、ここでお別れ。

ここからは本当の意味での珍道中!(苦笑)

この後、棚田で有名な明日香村の彼岸花を撮影。
村をあげての彼岸花祭り、観光客の多い中オッサン二人撮影に夢中(笑)

明日香村、1

明日香村、2

明日香村、3

明日香村、4

明日香村、5

明日香村、6

明日香村、7

キャ!恥ずかしい!

明日香村、8

ke-nさんが見つけたパートナーがいない「オンブバッタ」
逞しく生きるんだぞ!

明日香村、9


この後、ke-nさんが「今日はここで泊まるぞ!」と言い出す。
理由は家に帰って明日再びここに来るのが面倒くさいとの事、、、
僕は「家に戻って出直しましょう」と言っても耳を傾けません!

ビジネスホテルに電話をすれど「満室です」との回答、
諦めるのでは?と思ったが二件目のホテルが「空いています」、、、(汗)

ハイハイ!素直に泊まります!
本日着ていた服が汗と雨でにおいを発していたので
オッサン二人でコインランドリーで洗濯。

ホテルでチェックインして、ke-nさんがあらかじめ探していた
居酒屋さんに呑みに行きます。
着座してメニューを見ると「こことちゃうわ!」と言い出す始末、、、
結構お客さんの多いはやっている店のようですが
お値段もそれなりに、、、

腹6分で安い店に引っ越しました。

ホテルでの宿泊はまるで学生の修学旅行の状態でした!(苦笑)
ke-nさん曰く「次回は高くなっても個室で泊まる!」とのこと!、、、、

て、言うか!近所ならば一回家に帰って出直しましょう!

つづく、、、(苦笑)



番外編、空中庭園
先日、空中庭園に夕焼けを撮りにいきました。
久々の夕焼け撮影で少しテンション上がってます!(苦笑)

空中庭園、1

寒風吹きすさぶ中、僕を含めて夕焼け狙いの方、結構いらっしゃいました。

ええ感じで雲が広がっています。

空中庭園、2

伊丹空港も近くに見えます。

空中庭園、3

霞遠くに大峰山脈も見えました。

空中庭園、4

いよいよ夕日タイムです。

空中庭園、5

空中庭園、6

期待していた夕焼け雲はいつの間にやら姿を消し
大きなお日さんが淡路島に沈もうとしています。

空中庭園、7

ダイヤモンド淡路島!(笑)

空中庭園、8

僕はタイムアウトでそそくさと退散ですが
まだまだ黄昏タイムを楽しんでいる方々がたくさんいました。

空中庭園、9


この撮影後A型インフルエンザにかかり、数日地獄を見ることに、、、(涙)



和歌山も忘れないで~!
年に数回は和歌山を訪れるのですが、写真を撮るところがなかなかありません。

1月31日、そんな和歌山にke-nさんと夕方の工場撮影に行ってまいりました。
出発が昼前で和歌山有田の到着が午後12時ごろ、
前もって下調べをしていたke-nさんが、「絶対しらす丼は外されへんで~!」
とのことで有田市の則種さんに「しらす丼」を食べに行きます。
しらす丼の存在は知っていましたが食べるのは初めてだったので
生しらす丼を注文します。
正直食感はいいのですが、肝心のお味のほうは、特性醤油に負けている感じ、、、
ke-nさん曰く「やっぱり美味しいのは釜揚げしらす丼やで!」とのこと。
次回は絶対釜揚げしらす丼にするぞ~と独りつぶやくのでした、、、(苦笑)

この後、夕方まで程遠く、「工場前で数時間待つのは嫌!」とのことで
車で30分弱の白崎海岸に行ってきました。

白崎万葉公園より撮影。

白崎海岸、1

大阪のようなガサガサした感じがなく大変長閑です。

白崎海岸、2

まるで鬼ヶ島の雰囲気を持つ鹿尾菜島(ひじきじま)

白崎海岸、3

白崎の白はもちろん石灰岩。

白崎海岸、4

あまり乗り気のないke-nさんを白崎海洋公園に案内。
海が大変綺麗です。

白崎海岸、5

この海岸は、日本国内では珍しい石灰質の岩石が形作る海岸であり、
その白亜色は、独特の景観を与えているが、地質学的には、
この海岸は恐竜が出現したとされる古生代後半のペルム紀に誕生したものと言われており、
また、現に地中からはウミユリや紡錘虫等、ベルム紀の海洋生物の化石が多数発見されている。wikipediaより

白崎海岸、6

なかなか断崖絶壁ですね。

白崎海岸、7

次は地元で有名な立巌岩(たてごいわ)で撮影。

白崎海岸、8

白崎海岸、9

白崎海岸、10

漁船と比べると迫力がよく分かりますね。

白崎海岸、11

シルエットの鹿尾菜島(ひじきじま)。
島周辺では良質なひじきがよく摂れるとのこと。

白崎海岸、12

どう見ても鬼が住んでいるような感じですね!

白崎海岸、13

この後、有田川温泉 光の湯にて汗を流し、本日のメイン、工場撮影です。

「ああ、目の前には紀勢本線が走ってるんですね!」と、撮影準備をして構える間もなく、
な、なんと”サロンカーなにわ”がDD51重連で走ってくるではないですか!?
カメラの設定は白崎海岸のままの状態で慌てて撮影!
もちろん最悪です、、、(涙)
今や超貴重な国鉄型客車列車とディーゼル機関車DD51の重連、、、トホホ、、、(泣)

東燃ゼネラル、1

289系くろしおを惰性で撮ってみました、、、
この場所は鉄道撮影にはもってこいの場所ですが、
如何せん遠すぎる、、、(汗)

東燃ゼネラル、2

いよいよ、暗くなってきました。工場撮影開始です。

東燃ゼネラル、3

写真全体をシャープにするためF値(絞り値)を絞ります。
そのときに工場内の電球、蛍光灯等の光源が、レンズ内の絞りの形に影響されて
星マークがたくさん現れます。
それを見てke-nさん曰く「そんなんクロスの世界じゃ!」と揶揄!
ちなみにF8で撮影。

東燃ゼネラル、4

ならば!と、こちらはF値開放、F2,8で撮影。
光源は丸みを帯び写真全体にソフト感が出てきます。

東燃ゼネラル、5

クロスの世界(苦笑)F8にて撮影。

東燃ゼネラル、6

丸みの世界!F2,8にて撮影。
この後、色々なF値で撮影しましたがキリがないので以上!(笑)

東燃ゼネラル、7

撮影がとっても楽しいです!(笑)

東燃ゼネラル、8

223系がやってきました。電車の光源を光の線にして見ます。

東燃ゼネラル、9

堺にも大きな石油コンビナートがあるんですが、
撮影ポイントがほんの一部にしかありません。

東燃ゼネラル、10

四日市コンビナートがうらやましいです。

東燃ゼネラル、11

もっと色々な角度でたくさん撮りたいですが

東燃ゼネラル、12

時間に制約があり、僕にとって午後7時以降は真夜中の粋。
ke-nさんに「終了!」コールを告げます、、、(涙)

東燃ゼネラル、13

そんな工場撮影、とってもはまりそうですが、、、誰か!時間くれ~(苦笑)