プロフィール

express55

Author:express55
寺院に山にそして鉄道、、、
分野は広いですが
とにかく写真を撮るのが
大好きなオッサンです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

気ままに写真館
ジャンルを問わずいい写真を公開していきます。気ままにご覧下さい!
集落横に大秘境!三重県熊野市紀和町の立間戸谷
6月24日(水)は梅雨の晴れ間。

ke-nさんと三重県熊野市紀和町の立間戸谷(たちまどたに・たてまど?)へ行ってきました。

これがまた遠いのなんのって、、、おなじみの国道168号線を延々3時間強走り、
新宮市から橋を渡り初上陸の熊野市紀和町に入り、
そこから穏やかに流れる熊野川沿いを南下、立派な郵便局のある集落を抜け約5分、
そこは普通の林道?熊野川の土手道?にある登山口に到着。
毎度ながら当日まで何も知らされないワタクシ、
(おかしいと思いませんか!!!!!!!爆)
「こんな遠くまで来て、今日は楽勝の沢登り?」と思っていました。
準備をして午前7時半に出発、植林地帯を歩くこと約15分、
右横には大岩だらけの沢が杉林の間から見えています。
「沢にしてはやけに大岩が多いなあ(洒落ではありません、、、)」と思いつつ
ついに沢の全貌が見えました。

「!!!なんじゃこりゃ!!」

立間戸谷、1

目の前には大きな断崖絶壁!足元はとんでもない大岩だらけ!
「こりゃあえらいところにやってきたもんだ、、、」

立間戸谷、2

大岩の上を歩き苔むした大岩の上を歩いていると
「鈴持ってきたか?」と、ke-nさん、「そんなん外しましたわ!」僕
「こんな洞穴に熊が潜んでるんやで~」
「、、、!」そこからワタクシ、熊が怖くて奇声を上げまくります、、、(苦笑)

立間戸谷、3

熊は怖い、大岩の飛び越えは大変!と先を進んでいると
おば様?が大岩の大変そうなところで長いロープを一生懸命張っています。
「立派なロープを張って、後から団体さんでも来られるのかな?」と、
思いながら上を目指します。

立間戸谷、4

ひょっとしてこの先、こんなごろごろした巨石を登っていくのでしょうか、、、(汗)

立間戸谷、5

案の定、この巨石の間や上をよじ登っていきます。

立間戸谷、6

しかしなんでこんなに巨石がごろごろしているんでしょうか?

立間戸谷、7

断崖絶壁と源助滝。まさに大秘境でございます。

立間戸谷、8

何度か巨石群を横切り楽チンの登山道を歩くも又もや巨石の横切り、、、
ホンマこのルートあってるんやろか、、、と思っていたら、
先程下流でロープを渡していたおじさん(と判明、、、)が
「付いてきなさい!」と頼もしく先頭を歩いてくれました。

立間戸谷、9

またこのおじさんがとても健脚で付いていくのがやっと!
おじさんのお話によると、
この”立間戸谷”の登山道をほぼ毎日整備されてられてるとのこと。
以前は分かりやすい道があったが、
何度かの土石流があり現在の地形になったとのこと。
それでこんなに巨石がごろごろしているんですね!

途中まで案内して頂き、おじさん一休みされ僕らは先を急ぎます。
「ひょっとして今歩いているところはあの断崖絶壁の上、、、」
途中からカメラをリュックに入れたので写真は撮っていませんが
とんでもない高さ、、、
そこはまさにあの源助滝の真横の断崖絶壁の上を歩いていました。

所々崩れていますが登山道はしっかりしていて
昔の方々が苦労して道を切り開いた場所が随所に見られます。

出発してから二時間半、10時前にようやく右手に牛鬼滝が見えて来て
眼の上に大きな断崖絶壁が見えてきて屏風滝の上部が見てました。

「あともう少し!」

立間戸谷、10

そして午前10時過ぎ、屏風滝に到着。
いやあ、ご苦労さん!

立間戸谷、11

そこは右に屏風滝、左に断崖絶壁!まさに大秘境、立間戸谷。

立間戸谷、125

100m以上はありそうな柱状節理の絶壁。

立間戸谷、12

まさに絶景の屏風滝、しかしなかなか上手に撮れません。

立間戸谷、13

カメラに三脚を付けながら、苔むした岩の上を歩くのは非常に怖く
油断すると滝のしぶきによってカメラが水滴だらけになる始末。

立間戸谷、14

圧巻の屏風滝の圧力に負け、尻切れトンボのまま次の牛鬼滝(うしおに?)を目指します。

牛鬼滝を見るには約10mの崖を登ります。
ロープが下ろされていますがなんだか頼りなく、
中間辺りでロープがなくなり木の根をつかむと
リュックが重く後ろに反り返りそうで恐怖で登れません、、、
下でke-nさんを待つ形となりました。
しかしなかなか降りてこないので身軽状態で
崖をよじ登るとke-nさんが降りてきました。

「とほほ、、、今度はこれを降りるんかいな、、、」
もちろんビビりながら降りたのは言うまでもありません、、、

立間戸谷、15

後は美しい沢を撮影しながら下山します。

立間戸谷、16

立間戸谷、17

立間戸谷、18

立間戸谷、19

立間戸谷、20

最後に源助滝が残っています。
登山道の途中に源助滝の分岐点がありそちらに向かうのですが
案の定ルートが全く分からなくなり、半ば強引に源助滝に向かいます。

立間戸谷、21

巨石を掻き分けたどり着いた源助滝!これがまた美しい形の滝です。

立間戸谷、22

立間戸谷、23

滝の周囲は大岩で覆われていて凄い場所です。

立間戸谷、24

水量も非常に多く見応えがあります。

立間戸谷、25

立間戸谷、26

こんな大秘境のすぐ近くに民家が普通にあるなんて
すばらしい熊野市紀和町!(笑)

立間戸谷、27

僕が行けなかった牛鬼滝の上には更に美しい滝があり、
最終、この谷の最高峰、子ノ泊山(ねのとまりやま)に行けるとのことですが
素人の僕では100%行けるところではない険しい道となっています。

立間戸谷、28


この立間戸谷、時間と余裕があればもう一度歩いてみたいです。




スポンサーサイト
毎度ながら
仕事とプライベートが忙しくてなかなか前に進みません、、、

大峯散策、30

アップまでもう数日お待ちください、、、(詫)



大津波
110321_1552~01

大津波で壊滅的被害を受けた宮城県名取市です。
大地震後の大津波は何もかも飲み込んでいきました。
同じ場所をグーグルマップで示してます。
名取市震災前

復興に時間はかかると思われますが
震災前の元ののどかな町に戻ることを信じています。


津波の凄まじい破壊力
110321_1547~01

仙台在住の友達が送ってきた写真です。
これは仙台空港の現在の状況です。
今回の大津波の凄まじさがこの写真からよく分かります。
一瞬にして人々の財産と幸せとそして命を押し流してしまいました。

現在は滑走路は急ピッチで整備され救援物資を運ぶ
軍用機等が暫定使用していますが
その他周辺施設はいまだがれきと車の残骸が散乱しています。
そして今現在、自衛隊と米軍が復旧に全力で頑張っています。


物資不足
被災地仙台

被災地では燃料等が非常に不足しているとのことです。
悪友も車にガソリンを入れてもらうのに
朝早くから3時間も並んでたった3千円分しか
入れてもらえないと嘆いていました。
製油所もようやく稼動し始めたので
一刻も早く不足が解消されるとよいのですが。

早急な復興を
110319_1513~01

仙台の悪友より送られてきた1枚の電車の写真です。
悪友が言うには、地震直後より
仙台駅直前の所で留まっているとのことです。
写真から分かりにくいですが
電車側の線路表面がが錆びているところを見ると地震の影響で
その場でやむをえなく留置されている719系だと思われます。
一刻も早く東北一円の鉄道が復活し、物資輸送が
迅速に進むことを祈ります。

悪友曰く、又写真を送るとのことです。


いつもご覧頂きありがとうございます。
少数ながらいつもこのブログをいつも見て頂いている方々、
心より感謝いたします。

東日本大震災でアップをしばらく自粛していましたが
僕のブログを見た仙台の悪友から、「何!偽善者ぶってんねん!!」と、
悪態づいた電話があったので近々通常通りアップしていきます。

竹富島より、2

ブーゲンビリアと屋根の上のシーサー

今後も宜しくお願いします。
無事が確認できましたが、、、
今日の昼過ぎ、運よく仙台の悪友に連絡が取れ、
妻子共々全員無事の確認が取れました。

が、悪友にどの様な声をかけたらよいのか、
自分で考えて出た言葉が
「何事も腐れず、頑張れよ!」でした。
果たしてこの言葉が適切か、不適切かは
正直分かりません。

今回の大地震が如何に甚大だったか
時間が経つにつれて次第に分かってきました。
未だに1万数千人の安否が分かっていません。
1人でも多くの命が助かることを心よりお祈りします。